『Batman: Arkham City』には約40時間分のコンテンツを収録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Batman: Arkham City』には約40時間分のコンテンツを収録

PC Windows

Rocksteady StudiosのゲームディレクターSefton Hill氏はThe Guardianのインタビューにて、現在開発中のBatman: Arkham Cityには約40時間分のコンテンツが収録される事を明らかにしました。

Hill氏の話によればメインストーリーの完了までに約25時間かかり、そしてサイドクエストは約15時間分という内容になっているそうです。また彼はサイドクエストを“エピソーディックなテレビシリーズ”と表現し、各々が独自のストーリーを持ちながらもそれらは全てメインストーリーに関わっていると伝えています。

バットマンの魅力を伝えるためマルチプレイヤーの搭載を見送り、シングルプレイヤーに注力したBatman: Arkham City。果たして本作ではどの様な展開が待ち受けているのでしょうか。

Batman: Arkham CityはPC/Xbox 360/PS3で10月18日に北米発売予定となっています。
(ソース: The Guardian via VG247)

(c) 2010 Warner Bros. Entertainment Inc.

【関連記事】
Rocksteady: マルチプレイヤーの搭載は『Batman: Arkham City』を危険に晒しただろう
『Batman: Arkham City』インゲーム映像で構成された最新トレイラーが到着!
ゲームではどう表現される?『Batman: Arkham City』のコンセプトアートが公開
『Batman: Arkham City』の海外発売日が決定! 最新ショットも公開
『Batman: Arkham City』海外プレビュー情報!最新ショットも公開
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  2. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

    Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  3. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

    2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  4. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  5. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

  6. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  7. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  8. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  9. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  10. Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

アクセスランキングをもっと見る

page top