『Batman: Arkham City』には約40時間分のコンテンツを収録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Batman: Arkham City』には約40時間分のコンテンツを収録

PC Windows

Rocksteady StudiosのゲームディレクターSefton Hill氏はThe Guardianのインタビューにて、現在開発中のBatman: Arkham Cityには約40時間分のコンテンツが収録される事を明らかにしました。

Hill氏の話によればメインストーリーの完了までに約25時間かかり、そしてサイドクエストは約15時間分という内容になっているそうです。また彼はサイドクエストを“エピソーディックなテレビシリーズ”と表現し、各々が独自のストーリーを持ちながらもそれらは全てメインストーリーに関わっていると伝えています。

バットマンの魅力を伝えるためマルチプレイヤーの搭載を見送り、シングルプレイヤーに注力したBatman: Arkham City。果たして本作ではどの様な展開が待ち受けているのでしょうか。

Batman: Arkham CityはPC/Xbox 360/PS3で10月18日に北米発売予定となっています。
(ソース: The Guardian via VG247)

(c) 2010 Warner Bros. Entertainment Inc.

【関連記事】
Rocksteady: マルチプレイヤーの搭載は『Batman: Arkham City』を危険に晒しただろう
『Batman: Arkham City』インゲーム映像で構成された最新トレイラーが到着!
ゲームではどう表現される?『Batman: Arkham City』のコンセプトアートが公開
『Batman: Arkham City』の海外発売日が決定! 最新ショットも公開
『Batman: Arkham City』海外プレビュー情報!最新ショットも公開
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 新作バトロワ『The Culling 2』プレイヤー数が激減、発売3日目にして同時接続数「2人」に

    新作バトロワ『The Culling 2』プレイヤー数が激減、発売3日目にして同時接続数「2人」に

  2. 4人Co-opシューター『Earthfall』が正式リリース! 残忍なエイリアンに立ち向かえ

    4人Co-opシューター『Earthfall』が正式リリース! 残忍なエイリアンに立ち向かえ

  3. Sci-Fiバトルロイヤル『Islands of Nyne: Battle Royale』早期アクセス開始!

    Sci-Fiバトルロイヤル『Islands of Nyne: Battle Royale』早期アクセス開始!

  4. 無料配布中の『Hacknet』が24時間比で約98倍のユーザー増―突如同接12万人超えを記録

  5. ハッキングADV『Hacknet』Steamにて期間限定の無料配布がスタート!

  6. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

  7. PC版『モンスターハンター:ワールド』発売日決定! 日本語対応でSteam配信予定

  8. 某人気ゲームの建築要素を練習できる?『Battle Royale Builder』Steam早期アクセスで登場

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top