Microsoftが“Fusion”と名のつく三つの商標を登録していた事が判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoftが“Fusion”と名のつく三つの商標を登録していた事が判明

家庭用ゲーム Xbox360


先日オーストラリアのレーティング機関のデータベースから発見された未知のタイトルFusion: Genesisですが、今回新たにMicrosoftが米国特許商標庁に“Fusion Genesis”(コロンなし)、“Fusion Sentient”、“Fusion Vault”の三つの商標を登録していた事が明らかとなりました。

詳細は明らかとなっていませんが、海外では“Fusion”は新たなミニゲームシリーズではないかと予想されています。またKinect対応タイトルではないかという意見も出ています。ちなみに前回の記事でもお伝えしたようにブラジルのレーティング機関ではFusion: GenesisがXbox LIVE アーケードタイトルとして登録されています。

果たしてこのFusionとは一体何なのか。E3 2011で何らかの発表がある事を期待したいですね。
(ソース: Zunited via VG247)


【関連記事】
『Kinect Me』、『Crimson Alliance』など豪州のレーティングボードから発見
Kinect専用ホラー『Rise of Nightmares』のカバーアートや製品概要が掲載
ハルク・ホーガンのKinectプロレスゲーム『Hulk Hogan's Main Event』が発表
Kinectに対応? 『Ghost Recon: Future Soldier』Xbox 360版ボックスアートが公開
Xbox 360専用の新作アクションRPG『Crimson Alliance』が発表
ESRBに『The Witcher 2』のXbox 360版が掲載、E3で正式発表か
噂: Xbox 360がフル3D立体視に対応、E3で発表の可能性
Microsoft: 年末までにKinect用タイトルのラインナップを3倍に
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』映画「プレデター」コラボが国内向けに発表!

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』映画「プレデター」コラボが国内向けに発表!

  2. 【吉田輝和のVR絵日記】『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』でおじさんが好き勝手放浪してみた

    【吉田輝和のVR絵日記】『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』でおじさんが好き勝手放浪してみた

  3. 『とある魔術の電脳戦機』体験版が配信―15年ぶりシリーズ最新作を見逃すな!

    『とある魔術の電脳戦機』体験版が配信―15年ぶりシリーズ最新作を見逃すな!

  4. 『Wolfenstein II』DLC「The Freedom Chronicles」第1弾海外配信―ナチスとの戦いは終わらない

  5. 『北斗が如く』が2018年3月8日に発売延期―更なるクオリティアップを図るため

  6. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

  7. 『GRAVITY DAZE』『GRAVITY DAZE 2』手頃なBest Hitsとして再登場―また、空に落ちよう

  8. PS4『ARK:Survival Evolved』DLC第2弾「ARK:Aberration」国内配信―光届かぬ地下世界

  9. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』にプレデター参戦!―お前は生き残れるか?

  10. あの世界をVRで!『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』無料配信―Best Hits版も発売

アクセスランキングをもっと見る

page top