米最高裁、暴力ゲームの子供への販売を禁止する法案を却下 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米最高裁、暴力ゲームの子供への販売を禁止する法案を却下

米最高裁判所は、暴力ゲームの未成年者への販売を禁止するカリフォルニア州の法律について、言論の自由を侵害するとして却下したそうです。この法律は、連邦地裁や連邦高裁でも違憲の判決が下されており、今回の連邦最高裁でも7対2で票決が成立したとのこと。

ニュース 最新ニュース
米最高裁判所は、暴力表現を含むゲームソフトの未成年者への販売を禁止するカリフォルニア州の法律について、米憲法の定めた言論の自由を侵害するとして却下したそうです。

2005年当時アーノルド・シュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事によって成立されたこの法律は、連邦地裁や連邦高裁でも違憲の判決が下されており、今回の連邦最高裁でも「賛成7」対「反対2」で票決が成立したとのこと。

暴力表現を含む成人向けゲームソフトは、これまで通りESRBなどの業界団体が自主規制していく形になるようです。(via Joystiq, Bloomberg)


【関連記事】
チベット仏教最高位カルマパ17世「ビデオゲームは感情を解放する知的な手段」
審査通過できず!『Mortal Kombat』最新作がオーストラリアで発売禁止に
オーストラリア政府、遂にR18+レーティングを採用へ
英国議員「暴力ゲームによって子供は幼少時代を奪われている」
所持しているだけで犯罪に、ブラジルの議員が暴力ゲームを淘汰する法案を提出
「暴力ゲーム内広告は非暴力ゲームよりも印象に残る」と最新の研究結果が証明
オーストラリアで「R18+」認定の議論が本格化、55,000のレポートを政府に提出
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  2. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  3. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

  9. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  10. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top