海外レビューハイスコア 『El Shaddai: Ascension of the Metatron』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『El Shaddai: Ascension of the Metatron』

北米で8月に発売となった『エルシャダイ』の海外レビューです。日本では発売前からゲーム的な部分とは違うところで話題となりましたが、そういったバイアスがおそらく無かった海外での評価は、おおむねその特徴的なグラフィックに集まりました。

家庭用ゲーム Xbox360

GamePro: 9.0/10
エルシャダイは、各コンソール世代において、ほんの2、3本出るか出ないかというゲームだ。ビューティフルな映像部、ファンタスティックな環境、ソリッドな(しかしわずかに欠点のある)ゲームプレイ、そしてリッチな神話世界のコンビネーションが、このゲームを未体験の領域に至らせた。

GameSpot: 8.0/10
ゴージャスなアートデザインとひきつけられる戦闘によって創造された、忘れがたい冒険の旅。
GOOD: すばらしい抽象的なビジュアルデザイン。滑らかで挑戦的な新しい戦闘。ユニークかつ楽しめる3つの武器。体験を強化するバラエティに富んだサウンドトラック。高難度でプレイすることで明らかになる戦闘のディープさ。
BAD: 3Dステージの進行をムダに慎重にさせるカメラワーク。想定の範囲に収まるノーマル難度での戦闘。

1UP: 7.5/10
考えれば考えるほど、アクションというジャンルにおいて本質的に新しいものはこのエルシャダイには全くない、ということを悟ってくる。しかし、巧みに織り込まれた要素が、視覚的に印象的かつ創造的な仕事をしていると感じさせている。ただ残念なことに、この美学は悪い副作用も起こし、洗練されていないアイデアや異様なストーリーテリングを目立たせてしまうのだ。

IGN: 5.0/10
エルシャダイをプレイしている間、私に良いリズムが生まれることはありませんでした。クリアした後でさえ、これが本当に上手くいっているようには感じませんでした。私はただただ動いていただけでした。私の忍耐力を試すほど、それは本当に退屈でした。唯一の救いはゲームの外見です。

GameTrailers: 8.6/10


北米で8月に発売となった『エルシャダイ(El Shaddai: Ascension of the Metatron)』の海外レビューです。日本で4月に発売された本作は、発売前からゲーム的な部分とは違うところで話題となりましたが、そういったバイアスがおそらく無かった海外での評価は、おおむねその特徴的なグラフィックに集まりました。 “ART”という単語(またその派生語)が多くのレビューで使われているのが印象的です。

グラフィックとサウンドに8.0、プレゼンテーションとゲームプレイに4.0をつけたIGNに象徴されるように、映像部はどこも高い評価、あとはゲームプレイの部分でどう感じるかで、点数が分かれる結果に。


発売元であるIgnition Entertainmentの関係者は、『エルシャダイ』のスピンオフ制作への意欲を見せています。Wii U/PS Vitaでの展開や、構想初期にあった女性主人公というアイデアもあるようですが……果たして。(ソース: metacritic)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

    『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

  2. PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

    PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

  3. 『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

    『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

  4. 新作ACT『コードシフター』配信開始!『ギルティギア』『くにおくん』『ブレイブルー』などの人気キャラが集合

  5. 『クロスファイア』シリーズ最新作『CrossfireX』が5月18日にシングル含めサービス終了へ

  6. GOTY受賞作『It Takes Two』1,000万本突破―リリースから2年弱で達成

  7. 『ポケモンSV』ペパー先輩とのバトルに“違和感”を覚えるトレーナーたち―実は「ボールの持ち方」に意外な違いあり

  8. 『ホグワーツ・レガシー』アリーナで死の呪文「アバダ・ケダブラ」を放つ約30分の新ゲームプレイ映像!「必要の部屋」の紹介も

  9. 『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

  10. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

アクセスランキングをもっと見る

page top