SOPA法案を避けろ!Megauploadの逮捕劇を模したXBLIGゲーム『MegaUP』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SOPA法案を避けろ!Megauploadの逮捕劇を模したXBLIGゲーム『MegaUP』

家庭用ゲーム Xbox360


今月、国内外で大きく報じられた海外大手ファイル共有サイトMegaupload首脳陣の逮捕劇。Game*Sparkでも創設者Kim Doctom氏が『Modern Warfare 3』No.1プレイヤーだったことなどをお伝えしましたが、今回新たにこの逮捕劇を皮肉ったインディーズゲームが登場しましたのでご紹介致します。

Xbox LIVEにて配信中のこのタイトルは、その名も『MegaUP: Upload if you can!』。ゲーム内容は単純な強制横スクロールジャンプアクションですが、障害物は黒尽くめの男たちやS.W.A.T.の車、さらには今米国で大きな話題となっているSOPA法案らしき看板。またスコアゲージがアップロードの進行メーターになっているなど、各所にMegaupload逮捕劇を匂わせる作りが満載しています。ゲームの解説は以下の通り。

――2012年、誰もが知るアップロードウェブの4人の男性オーナーが、自由政府によっていわれなき罪で刑務所に放り込まれた。彼らは即座に脱獄する。現在、自由政府が指名手配しているにも関わらず、幸運なアップロードサイトのように彼らは生き残っている。何の問題も無く、誰の助けも借りず、そして誰にも見つからなければ、貴方は彼らに報酬を与えることが出来るかもしれない。

なお価格は不正ダウンロードしなければ80マイクロソフトポイント、体験版も配信されているようです。話のネタに1度プレイしてみるのも悪く無いかもしれません。
(ソース: Kotaku)


【関連記事】
逮捕されたMegaupload創設者、実は『Modern Warfare 3』No.1プレイヤーだった
Microsoft、XBLIGのゲームサイズや価格設定の制限緩和を正式発表
良質なXBLIG作品を連続配信する“Summer Uprising”が22日からスタート
呪われた少女が戦うピクセルアクション『They Bleed Pixels』がXBLIGに登場
XBLIG、少女の切り抜き帳が描く『Fatal Seduction』狂気の世界
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』v3.6アップデートにより4月24日午後5時からサーバーがダウンタイムへ

    『フォートナイト』v3.6アップデートにより4月24日午後5時からサーバーがダウンタイムへ

  2. ニンテンドースイッチの脆弱性を海外ハッカーが発見、特定条件で不正コードの実行が可能に

    ニンテンドースイッチの脆弱性を海外ハッカーが発見、特定条件で不正コードの実行が可能に

  3. 【吉田輝和のプレイ絵日記】『Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit』工作苦手苦手おじさん、ロボットになる

    【吉田輝和のプレイ絵日記】『Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit』工作苦手苦手おじさん、ロボットになる

  4. 日本版発売も決定の『Friday The 13th The Game』新アップデートでゲームエンジン刷新―新旧比較映像

  5. 『PUBG』同梱版含む「Xbox One S 1TB」2製品の4,000円引きセールが近日実施!

  6. 『Detroit: Become Human』国内向け無料デモ版が4月26日配信、序盤シーン「Hostage」を体験可能

  7. PS4(PSVR対応)『Stifled』国内発売決定―「音」を基本コンセプトとするステルススリラー!

  8. PS4版『ボーダーブレイク』専用コントローラー製品化決定!注文受付は5月2日まで

  9. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. 『PUBG』新マップ「Codename: Savage」の地域名を決めるユーザー投票が開始!4月26日11時まで

アクセスランキングをもっと見る

page top