海外サイトが選ぶ「復活に値する希少なクラシック作品」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ「復活に値する希少なクラシック作品」

最近ではダウンロード販売の普及により比較的クラシックゲームの入手も容易になりましたが、未だ手に入りにくい10本の名作が「復活に値する希少なクラシック作品」として紹介されています。

ゲーム文化 カルチャー
最近ではSteamやPSNのゲームアーカイブス、Wiiのバーチャルコンソールといったダウンロード販売の普及により比較的クラシックゲームの入手も容易になりましたが、海外サイトGamesRadarにて「復活に値する希少なクラシック作品」」と題し、未だ入手が困難な10本の名作が紹介されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


■Uniracers



■Lunar 2: Eternal Blue (Lunar 2 エターナルブルー)



■Snatcher (スナッチャー)



■The Elder Scrolls Adventures: Redguard



■Mega Man Legends (ロックマンDASH)



■System Shock 2



■Maniac Mansion and Day of the Tentacle



■NiGHTS/Christmas NiGHTS (クリスマスナイツ)




■Panzer Dragoon Saga (AZEL パンツァードラグーンRPG)



■EarthBound (MOTHER2 ギーグの逆襲)


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なんと10本の内6本が日本の作品に。やはり国内で簡単に手に入るゲームでも、海外では入手が難しいというケースが多いようで、日本では比較的入手しやすい『AZEL パンツァードラグーンRPG』は海外ネットオークションで200$以上で取引される事もあるようです。また、『The Elder Scrolls Adventures: Redguard』や『Bioshock』の前身『System Shock 2』といった人気シリーズの過去作も挙げられています。(ソース&イメージ: GamesRadar)


【関連記事】海外サイトが選ぶ『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』
海外サイトが選ぶ『FFスピンオフ作品』ベスト7
海外サイトが選ぶ『最高のオープニングステージ』10選
海外サイトが選ぶ『バイオハザード』で最もスリリングだった5つの瞬間
神業連発!海外サイトが選ぶ『2011年の偉大なスナイパーキル』TOP10
《FURUKAWA》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起

    EAが『FIFA』シリーズのルートボックスを「法律違反」とするオランダ裁判所の判決に対して控訴を提起

  2. もはや芸術品…?『バイオハザードRE:2』の高級スタチューが予約開始―ふたつの製品は合体可能!

    もはや芸術品…?『バイオハザードRE:2』の高級スタチューが予約開始―ふたつの製品は合体可能!

  3. 37万ドルで購入した「ポケモンカード」の中身がすべて偽物!YouTubeにて悲しき現場がライブ配信

    37万ドルで購入した「ポケモンカード」の中身がすべて偽物!YouTubeにて悲しき現場がライブ配信

  4. 「アンチャーテッド」撮影が終了―マーク・ウォールバーグもTwitterに衣装を投稿

  5. ドリコム、『ウィザードリィ』6~8とタイトル版権を取得!今後新作も予定

  6. ラヴクラフト×サイバーパンクなホラーADV『Transient』Steam配信開始!

  7. 『原神』中国bilibiliでMMDモデル配布―お気に入りのキャラでアレもコレも楽しめちゃう?

  8. 『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」

  9. 【18禁】スターリンに愛を伝授する『Sex with Stalin』が配信開始! 謎の日本語ソングも公開中【UPDATE】

  10. 『サイバーパンク2077』の発売延期告知に使用された「黄色背景」をパロディしたTwitter投稿が相次ぐ

アクセスランキングをもっと見る

page top