GDC 12: レビュースコアと売り上げの関係は?海外会社の調査データが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 12: レビュースコアと売り上げの関係は?海外会社の調査データが公開

ニュース 最新ニュース

売り上げに繋がる重要な要素として挙げられる各媒体によるレビュースコア。過去にも広告会社が低スコアをつけたサイトに圧力をかけるという事件が実際に発生したほか、ユーザーの間でも、噂としてスコアを付ける媒体と販売会社には癒着があるのではないかとしばしば語られていますが、実際にレビュースコア売り上げにはどの程度の関係性があるのか気になるところ。GDC12中に行われたセッションにて、ビデオゲームに関する調査会社EEDARのボスGeoffrey Zatkin氏が、ゲームレビューと売り上げに関する幾つかのデータを公開しています。

今回公開されたデータは2011年に発売されたゲームにおいて、平均レビュースコア帯ごとの発売3ヶ月後の売り上げ記録を収集したもので、それによれば、6/10台では平均5万7千本7/10台では平均6万2千本。そして8/10台では23万6千本、216本が記録した9/10台では70万本と、70パーセントと80パーセント、さらに90パーセントスコアの間では大きな隔たりがあったようです。

また他の調査データによれば、5/10以下を記録した1,024本のゲームの3ヶ月間の平均売り上げは3万本に。昨年発売されたゲームの多くが6.8-7.1/10台を記録したそうですが、このスコア帯のほとんどが10万本以下の売り上げとなったそうです。

もちろんマーケティング費用のかけかたやそのフランチャイズが持つ知名度など、スコアと売り上げが完全に比例しているとは一概には言えませんが、特に高得点帯における売り上げの差が大きいことなどはなかなか興味深いデータとなっていますね。
(ソース: Destrucotid)


【関連記事】
広告会社が『Duke Nukem Forever』を酷評したゲームサイトに圧力
2011*年末企画『メタスコアで見るワーストゲーム』TOP20
『Battlefield 3』のレビューを操作しようとした疑いでEAが謝罪【UPDATED】
Metacritic、ゲーム開発者のスコアも掲載開始… 不満の声も
海外サイトが選ぶ『過小評価された今世代の偉大なゲーム』TOP5
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

    米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  2. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  3. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

    モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  4. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

  5. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  6. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  7. コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

  8. スクウェア・エニックス、『HITMAN』シリーズ2作品の取り扱い終了を発表―IO Interactiveが一部引き継ぎへ

  9. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  10. 『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

page top