GDC 12: レビュースコアと売り上げの関係は?海外会社の調査データが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 12: レビュースコアと売り上げの関係は?海外会社の調査データが公開

ニュース 最新ニュース

売り上げに繋がる重要な要素として挙げられる各媒体によるレビュースコア。過去にも広告会社が低スコアをつけたサイトに圧力をかけるという事件が実際に発生したほか、ユーザーの間でも、噂としてスコアを付ける媒体と販売会社には癒着があるのではないかとしばしば語られていますが、実際にレビュースコア売り上げにはどの程度の関係性があるのか気になるところ。GDC12中に行われたセッションにて、ビデオゲームに関する調査会社EEDARのボスGeoffrey Zatkin氏が、ゲームレビューと売り上げに関する幾つかのデータを公開しています。

今回公開されたデータは2011年に発売されたゲームにおいて、平均レビュースコア帯ごとの発売3ヶ月後の売り上げ記録を収集したもので、それによれば、6/10台では平均5万7千本7/10台では平均6万2千本。そして8/10台では23万6千本、216本が記録した9/10台では70万本と、70パーセントと80パーセント、さらに90パーセントスコアの間では大きな隔たりがあったようです。

また他の調査データによれば、5/10以下を記録した1,024本のゲームの3ヶ月間の平均売り上げは3万本に。昨年発売されたゲームの多くが6.8-7.1/10台を記録したそうですが、このスコア帯のほとんどが10万本以下の売り上げとなったそうです。

もちろんマーケティング費用のかけかたやそのフランチャイズが持つ知名度など、スコアと売り上げが完全に比例しているとは一概には言えませんが、特に高得点帯における売り上げの差が大きいことなどはなかなか興味深いデータとなっていますね。
(ソース: Destrucotid)


【関連記事】
広告会社が『Duke Nukem Forever』を酷評したゲームサイトに圧力
2011*年末企画『メタスコアで見るワーストゲーム』TOP20
『Battlefield 3』のレビューを操作しようとした疑いでEAが謝罪【UPDATED】
Metacritic、ゲーム開発者のスコアも掲載開始… 不満の声も
海外サイトが選ぶ『過小評価された今世代の偉大なゲーム』TOP5
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

    噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  4. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  5. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  6. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  7. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  8. 新作WW2FPS『Battalion 1944』が発表―『MoH』『CoD2』の精神的後継作

  9. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  10. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

アクセスランキングをもっと見る

page top