海外誌PLAYの“PS Vitaの『GTA V』”に関する記事の詳細とお詫び | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外誌PLAYの“PS Vitaの『GTA V』”に関する記事の詳細とお詫び

ニュース 最新ニュース

先日噂としてお伝えした、海外マガジンPLAYの“PS Vitaの『GTA V』”に関する情報ですが、Game*Sparkが同誌を入手して確認したところ、以下のような内容であることが分かりました。

この記事は、PLAYの記者が、UK小売店Gamestationの店員の「実質PS VitaがPS3の携帯版であることを踏まえると、GTAシリーズがVitaに対応しない理由はない」とする証言を基に、Rockstarの担当者や業界アナリストにコメントを求めるという構成。

EEDARのアナリストJesse Divnich氏はPS Vita版『GTA』の可能性について次のようにコメント。

“PSPで発売されたGTAのスピンオフは、ソニー初の携帯プラットフォームにおける初期の成功に貢献しました。PS Vitaの成功の如何や市場需要の変化に関わらず、名目上、GTAがいずれPS Vitaプラットフォームに登場するのは全く不思議なことではありません”

Wedbush MorganアナリストMichael Pachter氏もこれに賛同するコメントを提供。

“Rockstarが最終的にPS VitaでGTAのゲームを発売するのは間違い無いと思います。それがいつ、どのようにプライオリティ化されるのか知るのは難しいです。おそらく2013年の出来事になるでしょうが”

但し、発端のGamestation店員もRockstarが何か言ったわけではないと認めている他、この噂についてPLAYの問い合わせを受けたRockstar担当者は爆笑してコメントを拒否したとのことで、完全なる憶測の域を出ていない情報であることが分かります。(ソース: PLAY Magazine)

【お詫び】
今回の情報をお伝えするに当たり、初出時に不確かな内容の記事を掲載したこと、さらにはその後、海外サイトやフォーラムの一部投稿のみを鵜呑みにしてエイプリルフール企画であると誤ってお伝えしてしまい、読者の皆様の誤解や混乱を招いてしまったこと、重ねてお詫び致します。大変申し訳ありませんでした。


【関連記事】
【UPDATE2】海外Play Magazine誌にPS Vita版『GTA V』の噂が掲載
噂: Rockstar開発者CVに『GTA V』の発売時期が記載
噂: Rockstarの元インターンを名乗る人物が『GTA V』の情報を大量リーク
『GTA V』マルチでは『Max Payne 3』から引継ぎ可能な“Crew”が登場
欧州のゲーム誌が『Grand Theft Auto V』のカバー特集を予告
Take-Twoが『GTA TV』、『Rockstar TV』を商標登録
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

    武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

  2. Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

    Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

  3. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

    『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  4. Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

  5. 血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

  6. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  7. 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!

  8. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  9. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  10. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

アクセスランキングをもっと見る

page top