海外レビューハイスコア 『Diablo III』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Diablo III』

PC Windows


GiantBomb: 10/10
“今作はアクションRPGというジャンルにおいて何か特別新しいことを成し遂げているわけではないが、古き良きものを本当にうまく形にしており、それはある意味で十分過ぎることと言える”

Joystiq: 10/10
“今やダンジョン探索ゲームはそこら中に存在し、あらゆるゲーム機、OS、スマートフォンでそれら見つけて遊ぶことができる。まるでラスベガスのスロットマシンのようで、どのゲームであろうと敵を倒してレベル上げてお金を拾ってレバーを引く中毒的なプレイが楽しめる。しかしBlizzardは『Diablo III』によってその中でも最高のものを用意しているのだ”

IGN: 9.5/10
“12年。12年もの間ファンは待ち続け、遂に『Diablo III』をプレイしている。そして、私が先日実施したマラソンプレイがもし兆候だとすれば、それは明るい未来のためになったと言えるだろう。過去の『Diablo』タイトルから非常に多くのシステムが改善されたことで、とっつきやすく、やりがいがあり、深い満足度を持つトレハンゲームとなった。ごく僅かのゲームにしかない中毒性を備え、短所はほとんど気にならないほど。確かに今作のデザインにあら探しをするのは簡単だろうが、最終的に私がプレイで感じ、今後何年も得られるであろう楽しみに比べれば、細かな不満点は全く取るに足りないものである”

演出: 9/10
グラフィック: 9/10
サウンド: 8.5/10
ゲームプレイ: 10/10
持続性: 10/10

PC Gamer: 9/10
“本作は驚異的に良く出来たゲームであり、過去のシリーズ作とは全く異なる理由にも関わらず、衝動的かつ強迫的にただちに楽しむことができるが、同時にこの無意味で不利な制限に縛られている”

G4tv: 9/10
総評: 本パッケージであなたが得られるのは、十分にポリッシュされたのが感じられ、中毒性が高く満足度があり、飽くことのないLootへの欲望、正しいCo-opシステムの見本、かつ幅広いゲームプレイ要素を持つゲームだ。これぞPCゲームの何たるかである。長所: ゴージャスなグラフィック、のめり込むトレハン、バラエティー満載のゲームプレイ。短所: 何だあの唐突なエンディングは。Followerの装備が限定的。PvPはどこ。マウスクリックの指が痛い。

Eurogamer: 9/10
“『Diablo III』はただ洗練され深みがあるというだけではない。それはアクション、RPG、オンラインゲームの慣例を通したパワー全開の活劇で、大衆受けを狙いながらも密かにルールブックをバラバラに引き裂いている。ローンチ時には酷い障害も発生し、オフラインモードが無い点もあるが、その事だけで後世に残るよりは良い扱いを受けるべきで、私も決してそうなるとは思えない”

The Guardian: 8/10
“シングルプレイは娯楽的で豪華なダンジョンアクションながら、少々短く、極端に一本道で特に限界に挑戦しているわけでもない。オンラインでプレイするのであれば、ファンが好む『Diablo』の狩りとアイテム集めの分野でライフスタイルの代替品ともなりそうな全てのポテンシャルにより、バランスも良く、より強力な挑戦となる”

Kotaku: -/10
本作をプレイすべきか?: YES。理由: 無数のクローンを生み出したアクションRPGの元祖であり、今作でも最も直感的かつ楽しいやり方であなたに何百何千回とマウスをクリックさせてくれる。“いくつか簡略化されている部分もあるが、私がこれまでプレイしたDiabloクローンの中で最高のひとつであることに変わりはない”

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆




ひとつのジャンルを確立したと言っても過言ではない、オンラインアクションRPG金字塔“ディアブロ”シリーズの約10年ぶりの続編として、先週世界的なローンチを飾ったBlizzardの『Diablo III』。その海外レビュー評価をまとめてご報告します。

本作はレビューが発売数日後という異例のタイミングで解禁され、ローンチ直後のサーバートラブル等はもちろん、あっという間にHellやInfernoモードまで到達するなどやり込んだコアファンからはバランス面で不満が巻き起こり、Metacriticはじめ大手サイトのユーザースコアが炎上するという事態に。

対照的に、批評家のレビューは平均スコア90点に迫る安定した評価で、『StarCraft II』に次いで10年以上前の名作を現代に蘇らせたBlizzardの力量はやはり折り紙つき。各種不具合とバランスの改善、アカウントハック問題、RMAHやPvPシステムの実装など課題は多く残されており、今後どう立て直していくかが最も注目されます。(ソース: Metacritic)


【関連記事】
Blizzard、『Diablo III』のアカウントハック被害に対する声明を発表
『Diablo III』にて最高難易度Infernoが攻略完了、早くもソロでのクリア報告も
Blizzardが『Diablo III』ローンチの混乱について謝罪、RMオークションは開始延期へ
ネタバレ注意!『Diablo III』シークレットレベルが早速発見される
コスプレ満載の『Diablo III』海外発売イベント写真集!最速クリア記録も
『Diablo III』のプレイにちょっとだけ役立つ基本情報&小技集
『Diablo III』が遂にローンチ、しかしログインやキャラクター作成に障害【UPDATE】
『Diablo III』体験版は1ヶ月後に、製品版には早期招待のゲストパスが付属
『Diablo III』のオープンβテストには約200万人が参加
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

    MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

  2. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

    機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  3. Steam版消滅から約5年…初代『Mafia』がGOG.comで配信開始!

    Steam版消滅から約5年…初代『Mafia』がGOG.comで配信開始!

  4. 遂に空を飛ぶ!?『Team Fortress 2』パイロの新武器情報が公開―放屁タウントも…

  5. 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など

  6. 『CS:GO』あの定番マップが全面リニューアル―「Dust2」正式配信開始

  7. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  8. 感染・変異して戦うローグライト『Freaky Awesome』が登場!―有毒廃棄物だらけの工場から脱出せよ

  9. 『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

  10. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

page top