昨年撤去された『Crysis 2』が“Maximum Edition”となってSteamに再登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

昨年撤去された『Crysis 2』が“Maximum Edition”となってSteamに再登場

昨年、Originの登場と共にSteamから撤去された『Crysis 2』ですが、同作に複数のコンテンツを収録した“Maximum Edition”の販売がOrigin及びSteamにて開始。約1年振りにSteamにて『Crysis 2』が購入できるようになっています。

PC Windows

昨年、Originの登場と共にSteamから撤去された『Crysis 2』ですが、同作に複数のコンテンツを収録した“Maximum Edition”の販売がOrigin及びSteamにて開始。約1年振りにSteamから『Crysis 2』が特別版として購入できるようになった模様です。

Maximum Editionは、Limited Editionに付いていた4種類の限定アンロックと、リタリエーションおよびデシメーションパックを収録しており、価格はは39.99ドル。通常版『Crysis 2』を所持しているユーザーは、さらに半額の値段で購入することができます。

なおEAの代表者はKotakuGameSpotに対し、開発を担当しているCrytekがSteamのサービス規約に従ったため、今回Steamにて『Crysis 2: Maximum Edition』の販売が実現したことを明らかにしています。昨年もEAはSteamからの『Crysis 2』撤去が、CrytekとValve間のビジネス的な契約問題であることを強調していました。
(ソース&イメージ: Steam News , Destructoid)

※UPDATE: 初版にて一部地域にて24.99ドルだと明記していましたが、正しくは24.99ポンドの間違いでした。間違った情報をお伝えしたことを訂正し、深くお詫び申し上げます。



【関連記事】
2011年に最も違法コピーされたのは『Crysis 2』
『Crysis 2』のセールスがおよそ300万本を記録、EAが報告
クオリティが更にアップ! PC版『Crysis 2』向けのDX11パッチが配信開始
PC版『Crysis 2』向けのDX11パッチ及び高解像度テクスチャーパックが来週配信
Steamから『Crysis 2』を撤去したのはValve−EAが声明発表
SteamからEAのダウンロードタイトルが一部撤去、Origin独占販売に
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

    『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  3. オープンワールドのローグライトACT『Ravenbound』体験版が期間限定で登場!1回限りの命で広大なファンタジー世界を大冒険

    オープンワールドのローグライトACT『Ravenbound』体験版が期間限定で登場!1回限りの命で広大なファンタジー世界を大冒険

  4. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  5. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  6. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』第4弾アプデ配信!イヴェルカーナら追加、バランス調整含む「パッチノート」も公開

  8. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  9. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top