『Star Wars: The Old Republic』のF2P化が検討中、リードデザイナーが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Wars: The Old Republic』のF2P化が検討中、リードデザイナーが明らかに

先月には有料加入者が170万人から130万人に減少した事がElectronic Artsより明らかにされていた『Star Wars: The Old Republic』ですが、同作のリードデザイナーEmmanuel Lusinchi氏より、Biowareが同作のFree-to-play化を検討中であることが明らかにされました。

PC Windows
先月には有料加入者がピーク時の170万人から130万人に減少した事がElectronic Artsより明らかにされていた『Star Wars: The Old Republic』。BiowareのリードデザイナーEmmanuel Lusinchi氏より、同作のFree-to-Play化が検討中であることが明らかにされました。

Lusinchi氏は海外のgamesTMに対し、例えF2Pタイトルであったとしても悪い作品ばかりではなく良いゲームも出ており、F2Pタイトルはゲーマーの選択肢に大きな影響を与えていると説明。BiowareはMMO市場のようにダイナミックになる必要があるとも述べ、「詳細を言うことはできないが、我々はFree-to-Playを検討中だ」と明言しています。

『Star Wars: The Old Republic』は昨年の12月20日から正式サービスを開始し、海外レビューではMetacriticにて平均スコア8.7/10と高評価を獲得。しかし先月5月には冒頭で述べた40万人の加入者減少や、製作チームにてレイオフが行われたことなどが報じられていました。
(ソース: gamesTM)

【関連記事】
海外レビューハイスコア『Star Wars: The Old Republic』
『Star Wars: The Old Republic』の13分ものウォークスルームービーが公開
『Star Wars: The Old Republic』最新シネマティックトレイラー公開
『Star Wars: The Old Republic』Jedi/Sithの派生するクラスを解説したトレイラーが公開
BioWare、『Star Wars: The Old Republic』の最新トレイラーを公開
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. アニメ風ローグライクARPG『神明在上(Zengeon)』正式リリース―個性豊かなキャラクターによる爽快アクション

    アニメ風ローグライクARPG『神明在上(Zengeon)』正式リリース―個性豊かなキャラクターによる爽快アクション

  2. ポケモン風MMO『Temtem』現在実施中のαテスト参加権も含む予約購入受付を2週間限定で開始

    ポケモン風MMO『Temtem』現在実施中のαテスト参加権も含む予約購入受付を2週間限定で開始

  3. 食品自動調理ライン制作ストラテジー『Automachef』7月23日に発売決定―日本語体験版も公開

    食品自動調理ライン制作ストラテジー『Automachef』7月23日に発売決定―日本語体験版も公開

  4. 60fps対応『シノビリフレ -SENRAN KAGURA-』Steam版配信開始―人気シリーズスピンオフがPCに

  5. 自然災害の中で戦う基本プレイ無料バトロワ『Ring of Elysium』正式リリース! 新モード「Ashen Eye」も

  6. 『P.T.』を彷彿させるゆるかわ一人称ADV『QT』が無料公開!複数タイトルを含むKickstarterも実施中

  7. Frostbiteは候補ですらなかった―『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』開発者がUE4採用の理由明かす

  8. F1公式ゲーム最新作『F1 2019』ローンチトレイラー公開―Legends Editionは早期アクセス開始

  9. PC版『Heavy Rain』がEpic Gamesストアにて配信開始!4K解像度や60fpsにも対応

  10. 新作基本無料近未来FPS『Ironsight』日本を含む地域でもプレOBTスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top