『League of Legends』がDDoS攻撃の被害、犯人は一握りのプレイヤー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『League of Legends』がDDoS攻撃の被害、犯人は一握りのプレイヤー

海外で高い人気を誇るFree-to-PlayのMOBAタイトル『 League of Legends 』ですが、本作のゲームサーバーがDDoS攻撃による深刻な被害を受けていたことが分かりました。これは開発・運営元Riot Gamesが先週公式フォーラム上で発表した情報。

PC Windows
海外で高い人気を誇るFree-to-PlayのMOBAタイトル『League of Legends』ですが、本作のゲームサーバーがDDoS攻撃による深刻な被害を受けていたことが分かりました。

これは開発・運営元Riot Gamesが先週公式フォーラム上で発表した情報で、一部ではハッキングの恐れも懸念されていた中、実際は、一握りのプレイヤーが意図的なDDoS攻撃を行い、進行過程にあるゲームを中断させようと試みていたとのこと。

この問題を受けて既にHotfixが導入されており、依然としてゲーム中のラグ発生やディスコネクトの可能性はあるものの、試合が無効になることはなく、自動的に再接続されるように修正されているそうです。

Riot Gamesは、DDoS攻撃を行ったプレイヤーを断定し、永続的にアカウントをBANすると共に、法的な手段で対応していく旨を報告しています。(ソース: League of Legends Community)

【関連記事】
欧米で最もプレイされるPCタイトルは『League of Legends』−調査会社調べ
チャンピオン勢揃い!中国ファンの『League of Legends』コスプレ演舞
『League of Legends』の新モード“Dominion”がリリース!
F2PのDotA『League of Legends』の登録ユーザー数が1,500万人に
『Mass Effect 3』のリードデザイナーが『LoL』のRiot Gamesに移籍
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』追加モンスター4体の「防具」が一挙公開!より洗練されたデザインは必見

    『モンハンライズ:サンブレイク』追加モンスター4体の「防具」が一挙公開!より洗練されたデザインは必見

  2. 『Apex Legends』新シーズン開幕も「能力あべこべバグ」や「エイムアシストがおかしい」などの報告相次ぐ

    『Apex Legends』新シーズン開幕も「能力あべこべバグ」や「エイムアシストがおかしい」などの報告相次ぐ

  3. 『オーバーウォッチ』ルートボックス廃止は今月末―基本無料『2』ではバトルパス形式に変更

    『オーバーウォッチ』ルートボックス廃止は今月末―基本無料『2』ではバトルパス形式に変更

  4. クラフトやサバイバル要素もある街づくりシム『Farthest Frontier』早期アクセス開始―『Grim Dawn』開発元新作

  5. 苦戦続いたWW2FPS『BATTALION 1944』がまもなく基本プレイ無料化―コンソール版の発売は中止に

  6. 『Fall Guys』に『ソニック』キャラ再登場―新スキンや新ゲームモード導入の期間限定イベント開催

  7. 新作オープンワールド『Tower of Fantasy(幻塔)』事前ダウンロード開始―キャラメイクが早速楽しめる

  8. 無料で遊べる協力型アクションRPGシューター『The First Descendant』発表―βテストも開催予定

  9. ペット育成SLG『こじまっち』Steam向けにリリース―ご飯・遊び・掃除とペットのお世話は大変だ!

  10. 『Dead by Daylight』“バイオの日”にPTBで「ウェスカー」参戦!ウロボロスウィルスを感染させる新キラー

アクセスランキングをもっと見る

page top