元Xbox事業担当のEd Fries氏がコンソールゲーム収益モデルの今後を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元Xbox事業担当のEd Fries氏がコンソールゲーム収益モデルの今後を語る

Microsoft Game Studiosで長年Xbox事業を担当し、現在はフリーミアムモデルの作品のみをオンライン配信する新型ゲーム機“Ouya”プロジェクトのアドバイザーを務めているEd Fries氏ですが、同氏はその見地から家庭用ハードに向けた今後の課題を投げかけています。

ニュース 最新ニュース
Microsoft Game Studiosで長年Xbox事業を担当し、現在はフリーミアムモデルの作品のみをオンライン配信する新型ゲーム機“Ouya”プロジェクトのアドバイザーを務めているEd Fries氏ですが、同氏はその見地からコンソールゲームに向けた今後の課題を投げかけています。

GameInformerのインタビューに答えたFries氏は、現在のゲーム機がAppleの様なモデルを無視するのはますます難しくなっていると話します。

Appleでは誰でもゲームを開発することが可能で、認証は比較的安く済み痛手が無い反面、出来の悪いゲームが氾濫し、その結果市場崩壊が起きた前例のある1984年と同様の環境である事から悪く捉えられるとするも、同氏はこのモデルの利点をXbox LIVEアーケードの『Fez』を例に挙げて説明。XBLA等ではゲームのアップデートを行う際にデベロッパーに高い開発コストが課せられる為、最新のアップデートが出来ないスタジオも存在していると指摘し、反対にiOSならば生じる事の無い問題であると説明しています。

同氏はこの問題がAppleやOuyaの様に、次世代コンソールで解消される必要があると伝えており、ゲーム産業の時代も変化し、ユーザーやデベロッパーは基本無料プレイタイトルを求めているとして、コンソールビジネスはこの変化に適応しなければならないと今後の課題を投げかけています。(ソース:GameInformer via CVG)
【関連記事】
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

    『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  2. 『DEATHLOOP』をお得にゲットできる!PCゲーム定期便「Humble Choice」10月度ラインナップ公開

    『DEATHLOOP』をお得にゲットできる!PCゲーム定期便「Humble Choice」10月度ラインナップ公開

  3. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  4. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  5. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

  6. 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

  7. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  8. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

  9. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  10. ユービーアイの『Beyond Good and Evil 2』ついに開発期間が最も長いゲームに…14年間かかった『Duke Nukem Forever』抜く

アクセスランキングをもっと見る

page top