前作と同様に『Dead Island: Riptide』もドイツで発禁へ、プロデューサーは不満の声 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

前作と同様に『Dead Island: Riptide』もドイツで発禁へ、プロデューサーは不満の声

PC Windows

北米では2013年4月23日に発売が予定されているDeep Silver開発のシリーズ最新作『Dead Island: Riptide』ですが、ゲームの表現規制が厳しい事で知られるドイツ国内では、前作と同様に発売禁止の処分を受ける事をクリエイティブプロデューサーのSebastian Reichert氏が明らかにしています。

前作はドイツ連邦青少年有害メディア審査会(BPjM)により、ドイツ国内では購入が不可となる“リストB”に分類されており、その際に同スタジオは「想定内」とコメントしていました。しかしながら昨年に『Gears of War 3』が無規制でリリースされた前例もあることから、Reichert氏は不満の声を漏らしています。

Reichert氏によれば、ドイツでは人間風のキャラクターに対する暴力を禁止する法律があるとして、敵が如何なる存在であるかは関係なく、敵が人間風である事が問題と説明。しかしながらGoW3の敵は人間風で、火炎放射器等を利用した暴力的なとどめを刺す事が出来るとして、GoW3と『Dead Island』ではどこに違いがあるのかと審査内容に疑問を呈しています。

またこのインタビューで同氏は、近年で最も成功したスタジオのゲーム作品がドイツ国内では誰も知らないという現実に酷く違和感を覚えるとコメントしています。(ソース:pcgamesn via VG247 , Eurogamer)
【関連記事】
ドイツで『Gears of War 3』が無規制で承認、同国での発売はシリーズ初
『Dead Island: Riptide』の最新ショットが公開、海外プレビューからの情報も
『Dead Island』に登場する一発屋ラッパーSam Bの新曲“No Room In Hell”が公開!
新たなキャラクターは軍用船のコック『Dead Island: Riptide』の最新情報とスクリーンショットが公開
『Dead Island: Riptide』の発売日が正式発表、血生臭いボックスアートも
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  2. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

    復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  3. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

    オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  4. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  5. PC版『World of Tanks』に8-bitなゲームモードが期間限定で復活―1月26日から

  6. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  7. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  8. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  9. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  10. Crytek新作『Hunt: Showdown』アルファテスト開始日決定!2018年1月末より

アクセスランキングをもっと見る

page top