iOS/Android向け暴動シミュレーター『RIOT』がIndiegogoにて資金調達開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

iOS/Android向け暴動シミュレーター『RIOT』がIndiegogoにて資金調達開始

Leonard Lenny氏率いるイタリアの小さな開発チームはクラウドファンディングサイトIndiegogoにて、iOS/Android向け暴動シミュレーター『 RIOT 』の開発資金調達をスタートしました。財政状況があまりよろしくないイタリアでは資金調達が難しいという事でIndiegogoを利用

ニュース 最新ニュース

Leonard Lenny氏率いるイタリアの小さな開発チームはクラウドファンディングサイトIndiegogoにて、iOS/Android向け暴動シミュレーター『RIOT』の開発資金調達をスタートしました。財政状況があまりよろしくないイタリアでは資金調達が難しいという事でIndiegogoを利用しているのだそうです。

『RIOT』は世界中で起きている実際の暴動アクションに基づいたシミュレーターとなっており、暴徒及び警察、両者の道徳的な側面と立場を示すとともに、2つの対立勢力で人々を対話的にさせるゲームを作る事が本プロジェクトの目的との事。ゲームプレイには“hot seat”対戦モード及びシングルプレイヤーキャンペーンが収録されるようです。

本作の対象プラットフォームは前述の通りiOS/Androidですが、最終的にはPC/Macでのリリースも視野に入れているそうです。資金調達の目標金額は15,000ドル。現在は1,675ドルが集まっています(締め切りまであと26日)。






(ソース: indiegogo via Polygon)

【関連記事】
スマホFPSの操作性を“再定義“するiOS新作『The Drowning』実演プレイ映像が公開
iOS『Infinity Blade』のセール開催中、2月21日まで無料
iOSスピンオフ『Borderlands Legends』のアップデートが配信、操作性向上やレア武器追加など
iOSの人気カジュアルゲーム続編『Temple Run 2』が初週2000万ダウンロードを突破
ニューヨークの街をひたすら走るiOSゲーム『SideWalkers - Late to Work』が2月に配信
3D Realmsの和風クラシックFPS『Shadow Warrior』がiOS向けに今週配信
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  2. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

    船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  3. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  4. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  5. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  6. 『Mortal Kombat 11』DLCキャラ「ジョーカー」紹介トレイラー!【TGA2019】

  7. 「MtG」の世界を描くMMOARPG『Magic: Legends』が発表【TGA2019】

  8. 『PUBG』のPLAYERUNKNOWNによる新作『prologue』発表!予告映像もお披露目【TGA2019】

  9. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  10. サンドボックスサバイバルRPG『New World』2020年5月発売!【TGA2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top