Steam『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応、Valveタイトルでは5作目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応、Valveタイトルでは5作目

PC Windows


FPS『カウンターストライク』シリーズの1つ『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応します。Linux対応をじわじわと推し進めるSteamにおいて、Valve作品としては『Half-Life』『Counter-Strike』『Counter-Strike: Source』『Team Fortress 2』に続く5つ目のLinux順応です。発表によると、今後数週間から数ヶ月の間に、さらに対応タイトルを増やすとしています。

『CS:CZ』は2004年にリリースされたタイトル。本格的な対戦ツールとして『Counter-Strike』が認知されていたなか、シングルプレイモードやBOTキャラクターの導入などで敷居を下げる方向性が感じ取れる作品でした。とくにBOTは印象的で、有能だけれど命令に従わないキャラを好んで採用した方もいたことでしょう。また、開発が難航し非常に難産だったことでも知られています。デベロッパーにはValveのほかに、Gearbox SoftwareとRitual Entertainment、Turtle Rock Studiosが名を連ねています。

ヘビーな『CS』ファンからすれば物申したいところのありそうな選出ですが、まず『CS:CZ』が比較的プレイしやすい点、今後増やすと明言されているLinux対応の布石と考えられる点などを鑑みるに、無難な選出と言えなくもありません。今後抜け漏れのない形で満遍なくValve作品がLinuxで遊べるようになることを期待しましょう。(ソース: Steam via Polygon)【関連記事】Linux版Steamが正式ローンチ!記念セールの実施や『TF2』限定アイテムも
Steamホリデーセール8日目: 『XCOM: Enemy Unknown』『LEGO Lord of the Rings』『FTL』などが登場
Steamオータムセール6日目: 『CoD:MW3』『Legend of Grimrock』『Alan Wake』シリーズ他
PC版『Counter-Strike: GO』が今週末まで無料プレイ可能に、週末セールも実施中
新マップの追加やマッチメイキングシステムの変更など『CS: GO』の最新アップデートが実施
《Gokubuto.S》

PC アクセスランキング

  1. ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

    ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

  2. 『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

    『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

  3. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

    『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  4. 国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

  5. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  6. 『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

  7. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  8. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  9. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  10. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top