Blizzardが放つ対戦型カード戦略ゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』ハンズオン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzardが放つ対戦型カード戦略ゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』ハンズオン

PC Windows


3月に開催されたPAX Eastのビッグニュースのひとつは、BlizzardがFree-to-Playモデルを採用した対戦型トレーディングカードゲームジャンルの新作『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を発表したこと。Game*SparkがBlizzardブースで体験した本作マルチプレイデモのインプレッションをお送りします。

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の対応機種はPC/Mac/iPadの3つを予定しており、筆者はiPadバージョンをプレイ。アナウンス直後というタイミングでありながら、早くもマッチメイキングで他のプレイヤーと対戦することができました。


まず最初に気になる点が、国内ではコナミから発売されている、『World of Warcraft』の公式トレーディングカードゲーム(WoWTCG)との違い。結論から述べると、本作はWoWTCGのビデオゲーム移植ではありません。市場に存在する大部分のTCGと同様、マジック:ザ・ギャザリング(MTG)と似たルールを基にしているWoWTCGとは、土地カードによるリソース管理の要素が省かれている等の共通点はあるものの、『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の全体的なシステムやカードテキストはよりシンプルになった別物で、詳しい説明やルールを見なくても直感的にゲームを進められます。


その要因と思えるのが、非常に洗練されたゲームインターフェースや各種エフェクトによる視覚的なわかりやすさ。さらにひとつひとつの指示やアクションに対するレスポンスも快適。さすがBlizzardクオリティーであると実感できます。

やや乱暴にゲームの流れを説明すると、対戦は二人で行い、各プレイヤーがターン進行に合わせて増加していくリソースを消費して、手札からMinion(モンスター)を召喚したり、様々な魔法を駆使して戦い、30からスタートする相手のライフをゼロに減らせば勝利。


特徴として、ゲーム開始時に『World of Warcraft』と同じように9種類から好きなクラスを選ぶことができ、例えばPriestであればライフ回復といった具合に、各クラスごとにリソースを消費して発動できる特殊な技を、手札とは別で備えています。筆者が選んだWarlockは自らのライフを削ってカードを一枚ドローすることが可能。一方、対戦相手のShamanは毎ターンのように攻撃力と体力が1/1のトーテム(MTGのトークンのようなもの)を召喚でき、これには非常に手こずりました。

試合は接戦だったものの、最後は大型Minionのゴリ押しでかろうじて勝利。本作の戦闘ルールは、強制的に攻撃をブロックできる“Taunt”能力を持つMinionがいない限りプレイヤーが自由に攻撃されてしまうこと、マジックのように戦闘中に魔法を使用できないこと、またMinionが攻撃するとタップするルールもないため、そうした特徴を十分把握した上で慎重に駆け引きを行う必要があります。


公式FAQによると、カード収集要素については、各ゲームモードを進めるか、Battle.net Balanceを支払うことで5枚入りのカードパックを購入できるようになり、その中の一枚にRare(青)、Epic(紫)、Legendary(オレンジ)のいずれかのクオリティーのレアカードが封入。さらに全てのカードにおいて“ゴールドカード”にアップグレードされるチャンスがあるそうです。

基本構造は非常にシンプルでありながら、Blizzard品質のゲームプレイバランスや快適さも兼ねそろえ、『World of Warcraft』やTCGのコアなファンだけでなく、カジュアルゲーマーにもアピールできそうな作り。Blizzardが少々遅れを取っているFree-to-Play市場で一石を投じることができるか、本作『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の展開を含めた今後を見守りたいところです。



【関連記事】
PAX East: Blizzardが新作F2Pオンラインカードゲーム『HearthStone: Heroes of Warcraft』を発表
PAX East: コントローラーでの操作感は? PS3版『Diablo III』ハンズオン
GDC 13: 渦中のディレクターが振り返る『Diablo III』のデザインにおける成功と失敗
海外レビューハイスコア 『StarCraft II: Heart Of The Swarm』
Blizzard渾身のクオリティ!『StarCraft II: Heart of the Swarm』オープニングシネマティックCG
『Blizzard All-Stars』は現在も開発中−Blizzard社長が近況報告
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. 強烈な印象を放つ一人称ホラーADV『Scorn』最新スクリーンショット!―第2弾トレイラーも制作中

    強烈な印象を放つ一人称ホラーADV『Scorn』最新スクリーンショット!―第2弾トレイラーも制作中

  2. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

    ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

  3. 中世スチームパンクロボSLG『Acaratus』Steam正式配信開始

    中世スチームパンクロボSLG『Acaratus』Steam正式配信開始

  4. デモ隊と警官隊の衝突描く暴動シム『RIOT』最新映像!―まもなくクローズドβ実施

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. 週末セール情報ひとまとめ『Fallout 4』『ゴーストリコン ワイルドランズ』『レインボーシックス シージ』『Watch Dogs 2』他

  7. 宇宙開発シム『Kerbal Space Program』日本語正式実装!―アップデート1.3配信開始

  8. 『PUBG』4月度売上は約38億円規模、『オーバーウォッチ』『CS:GO』凌ぐ勢い

  9. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  10. 『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

アクセスランキングをもっと見る

page top