海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』

メディア 動画

5月のリリースが決定している『Shadowrun Returns』やCD Projekt REDの『Cyberpunk 2077』など、海外タイトルが目立ちがちなサイバーパンクジャンルですが、海外サイトKotakuにて『最もダークな日本のサイバーパンクゲーム』として12のタイトルが挙げられているのでご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『スナッチャー』(1988) - コナミ


■『キャノンダンサー』(1996) - ミッチェル


■『AKIRA』(1988) - タイトー


■『ジェノサイド』(1989) - ZOOM


■『アインハンダー』(1997) - スクウェア


■『ポリスノーツ』(1994)- コナミ


■『女神転生』シリーズ - アトラス


■『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』(1997)- SCEI


■『メタルギア』シリーズ - コナミ


■『ライブ・ア・ライブ (近未来編)』(1994) - スクウェア


■『ザ・スクリーマー』(1985)- マジカルズゥ


■『鋼 〜HAGANE〜』(1994)- ハドソン

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記事中ではダークというよりも、独特の世界観を持ったタイトルが重点的に選ばれているようです。『スナッチャー』、『ポリスノーツ』、『メタルギア』と小島監督の代表作がずらりと3タイトル選出されている他、『AKIRA』、『攻殻機動隊』といった海外でも人気の高いアニメを原作とした作品も並んでいます。この他にも皆さんの知る国産のサイバーパンクゲームを是非コメント欄にて教えてください。(ソース: Kotaku)

【関連記事】ほぼ完璧! 海外サイトが選ぶ実写映画版『Half-Life』のキャスト
海外サイトが選ぶ『2012年のベストビデオゲームミュージック』
海外サイトが選ぶ“2013年期待の新規タイトル”
海外サイトが選ぶ 『2012年度における重要なPCゲーム』20選
海外サイトが選ぶ『ゲーム音楽リミックス』BEST10
《FURUKAWA》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

メディア アクセスランキング

  1. SIEが謎の映像「真・世紀末RPG、誕生。」公開―荒廃したビル街/赤い戦車/ハンター…

    SIEが謎の映像「真・世紀末RPG、誕生。」公開―荒廃したビル街/赤い戦車/ハンター…

  2. 『GOD EATER3』主人公イメージイラストや新アラガミ公開―グラフィック大幅進化

    『GOD EATER3』主人公イメージイラストや新アラガミ公開―グラフィック大幅進化

  3. 『シャドウ・オブ・ウォー』実写映像―新たなナレーションは杉田智和氏

    『シャドウ・オブ・ウォー』実写映像―新たなナレーションは杉田智和氏

  4. クリケットゲーム最新作『Ashes Cricket』初インゲームトレイラー!

  5. MMOシューター『Survarium』初のCo-opミッション映像―近日実装予定

  6. オープンワールドRPG新作『ELEX』ローンチトレイラー!―終末サイエンス・ファンタジー

  7. 『バイオ7』ゴールドエディション国内向け最新PV―恐怖を締めくくる2つの物語

  8. 『Fallout』シリーズの「イグアナの串焼き」を作ってみた!ー海外サイトがチャレンジ

  9. 『ストV』新キャラ「是空」のプロフィールが公開―戦闘中に若返る!?

  10. 『バイオ7』ゴールドエディション海外向け最新トレイラー!―物語の行く末は…

アクセスランキングをもっと見る

page top