海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』

海外タイトルが目立ちがちな サイバーパンクゲーム ですが、海外サイトKotakuにて『 最もダークな日本のサイバーパンクゲーム 』として12のタイトルが挙げられているのでご紹介します。

メディア 動画
5月のリリースが決定している『Shadowrun Returns』やCD Projekt REDの『Cyberpunk 2077』など、海外タイトルが目立ちがちなサイバーパンクジャンルですが、海外サイトKotakuにて『最もダークな日本のサイバーパンクゲーム』として12のタイトルが挙げられているのでご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『スナッチャー』(1988) - コナミ


■『キャノンダンサー』(1996) - ミッチェル


■『AKIRA』(1988) - タイトー


■『ジェノサイド』(1989) - ZOOM


■『アインハンダー』(1997) - スクウェア


■『ポリスノーツ』(1994)- コナミ


■『女神転生』シリーズ - アトラス


■『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』(1997)- SCEI


■『メタルギア』シリーズ - コナミ


■『ライブ・ア・ライブ (近未来編)』(1994) - スクウェア


■『ザ・スクリーマー』(1985)- マジカルズゥ


■『鋼 〜HAGANE〜』(1994)- ハドソン

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記事中ではダークというよりも、独特の世界観を持ったタイトルが重点的に選ばれているようです。『スナッチャー』、『ポリスノーツ』、『メタルギア』と小島監督の代表作がずらりと3タイトル選出されている他、『AKIRA』、『攻殻機動隊』といった海外でも人気の高いアニメを原作とした作品も並んでいます。この他にも皆さんの知る国産のサイバーパンクゲームを是非コメント欄にて教えてください。(ソース: Kotaku)

【関連記事】ほぼ完璧! 海外サイトが選ぶ実写映画版『Half-Life』のキャスト
海外サイトが選ぶ『2012年のベストビデオゲームミュージック』
海外サイトが選ぶ“2013年期待の新規タイトル”
海外サイトが選ぶ 『2012年度における重要なPCゲーム』20選
海外サイトが選ぶ『ゲーム音楽リミックス』BEST10
《FURUKAWA》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

メディア アクセスランキング

  1. 棒人間が『マインクラフト』で戦うヘンテコアニメ!思わず見入る16分

    棒人間が『マインクラフト』で戦うヘンテコアニメ!思わず見入る16分

  2. 残虐格ゲー最新作『Mortal Kombat 11』全てがパワーアップしたプレイ映像お披露目!【UPDATE】

    残虐格ゲー最新作『Mortal Kombat 11』全てがパワーアップしたプレイ映像お披露目!【UPDATE】

  3. 懐かしのRPG風に変貌!海外ユーザーが『Fallout 4』をアイソメトリックビューでプレイ

    懐かしのRPG風に変貌!海外ユーザーが『Fallout 4』をアイソメトリックビューでプレイ

  4. 国内版『Wolfenstein II: The New Colossus』発売中!―日本語ローンチトレイラーも公開

  5. リマスター版『GTA: San Andreas』比較映像― テクスチャやシェーダーが改良

  6. 発売から15年…N64『パーフェクトダーク』を紐解くメイキング映像

  7. 『Mortal Kombat 11』悪霊忍者「ヌーブ・サイボット」参戦トレイラー! 最初のDLCキャラも発表

  8. 産業や流通を一新した『Cities: Skylines』新DLC「Industries」がSteamで配信開始!

  9. ValveがSteamのDLC閲覧方法をアップデート、各ゲームに専用ページが登場

  10. ゾンビサバイバル新作『State of Decay 2』序盤17分プレイ映像!前作からの変更点も

アクセスランキングをもっと見る

page top