国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』続報、採用タイトルは5月14日から順次発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』続報、採用タイトルは5月14日から順次発表

ゲーム文化 カルチャー


プレイヤーを東西に分けて覇権を争う『Red Bull 5G』に続報です。大会の内容や採用タイトル選考フロー、以前採用されたゲームなど、詳細は前回の記事をご確認ください。なお、公式サイトでは先行してイメージトレーラーが公開されています。

今回発表されたのは、採用タイトル……ではなく、「採用タイトルの発表スケジュール」です。5月14日 20:00からを皮切りに、一週間ごと(E3期間中は除く)に1つずつ公開されていく方式。その様子はニコニコ生放送で配信される予定です。

といいつつも、各回の配信スタートまで、どのジャンルのタイトルが発表されるのかはナイショ。「まだ引っ張るのかよ!」と思われた方、もうちょっとお待ちください!

とのこと。いや、おっしゃるとおり少々引っ張りすぎな気がしないでもありません。確かに本大会に向けて綿密に仕上げてくるプレイヤーばかりではないでしょうが、そうしたガチ勢も少なからず存在していることでしょう。しかるに、全タイトル公開までに1ヶ月というのはさすがにいかがなものでしょうか。

とはいえ、「大人のやり取り」が介在するのも既報のとおり。多少時間を稼がざるをえない「大人の事情」もあるのでしょう。たとえば、なんだか最近妙に盛り上がっていて2D格闘ゲーム部門でトップを獲得してしまったAC『北斗の拳』をイベントとして本当に採用してしまっていいのか、権利的に問題はないのか、などあたりは想像がつきます。

まだ一体どのタイトルが採用されるのか、どんな有名プレイヤーが参戦するのかなど、ほとんどが秘密のベールにおおわれたままの『Red Bull 5G』。イベント成功のあかつきにはエイプリルフールネタだった『Red Bull 55G』が実現し、大量の対戦プレイがRed Bull缶とともに入り乱れる巨大なゲームイベントへと成長するかもしれない、とちょっとくらい大きな夢をみながら期待しましょう。
(ソース: Red Bull 5G)【関連記事】国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』採用タイトルアンケート集計終了、2D格闘では『北斗の拳』が事実上のトップ
【BitSummit】他にも色々あった!ビットサミットで見かけたあれこれ−人混み、レッドブル、サカモト教授など
《Gokubuto.S》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 声優・石塚運昇さん死去―アニメ『ポケモン』『バイオショック』『CoD:MW3』など

    声優・石塚運昇さん死去―アニメ『ポケモン』『バイオショック』『CoD:MW3』など

  2. すべてが謎のPS4新作『Project Mephisto』も選出!「gamescom award 2018」ノミネート作品発表

    すべてが謎のPS4新作『Project Mephisto』も選出!「gamescom award 2018」ノミネート作品発表

  3. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  4. まるでSF映画?『オーバーウォッチ』リアルタイムにアドバイスをくれる外部ツール「Visor」登場!

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『バイオ2』非公式リメイクから転じた『Daymare: 1998』のKickstarterが中止

  7. 「ハートマン軍曹」R・リー・アーメイ死去―『CoD: Ghosts』『Fallout』シリーズなどにも出演

  8. さながらサンタクロース!『No Man's Sky』で高額アイテムの配布を予告するプレイヤー現る

  9. 『バイオ2』非公式リメイクから生まれた『Daymare: 1998』固定カメラ実装

  10. 恋人を“武器”にご近所大冒険!恋愛ARPG『Boyfriend Dungeon』Kickstarterキャンペーン開始―猫とも恋愛?

アクセスランキングをもっと見る

page top