国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』続報、採用タイトルは5月14日から順次発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』続報、採用タイトルは5月14日から順次発表

ゲーム文化 カルチャー


プレイヤーを東西に分けて覇権を争う『Red Bull 5G』に続報です。大会の内容や採用タイトル選考フロー、以前採用されたゲームなど、詳細は前回の記事をご確認ください。なお、公式サイトでは先行してイメージトレーラーが公開されています。

今回発表されたのは、採用タイトル……ではなく、「採用タイトルの発表スケジュール」です。5月14日 20:00からを皮切りに、一週間ごと(E3期間中は除く)に1つずつ公開されていく方式。その様子はニコニコ生放送で配信される予定です。

といいつつも、各回の配信スタートまで、どのジャンルのタイトルが発表されるのかはナイショ。「まだ引っ張るのかよ!」と思われた方、もうちょっとお待ちください!

とのこと。いや、おっしゃるとおり少々引っ張りすぎな気がしないでもありません。確かに本大会に向けて綿密に仕上げてくるプレイヤーばかりではないでしょうが、そうしたガチ勢も少なからず存在していることでしょう。しかるに、全タイトル公開までに1ヶ月というのはさすがにいかがなものでしょうか。

とはいえ、「大人のやり取り」が介在するのも既報のとおり。多少時間を稼がざるをえない「大人の事情」もあるのでしょう。たとえば、なんだか最近妙に盛り上がっていて2D格闘ゲーム部門でトップを獲得してしまったAC『北斗の拳』をイベントとして本当に採用してしまっていいのか、権利的に問題はないのか、などあたりは想像がつきます。

まだ一体どのタイトルが採用されるのか、どんな有名プレイヤーが参戦するのかなど、ほとんどが秘密のベールにおおわれたままの『Red Bull 5G』。イベント成功のあかつきにはエイプリルフールネタだった『Red Bull 55G』が実現し、大量の対戦プレイがRed Bull缶とともに入り乱れる巨大なゲームイベントへと成長するかもしれない、とちょっとくらい大きな夢をみながら期待しましょう。
(ソース: Red Bull 5G)【関連記事】国内ゲーミング大会『Red Bull 5G』採用タイトルアンケート集計終了、2D格闘では『北斗の拳』が事実上のトップ
【BitSummit】他にも色々あった!ビットサミットで見かけたあれこれ−人混み、レッドブル、サカモト教授など
《Gokubuto.S》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

    12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

  2. Valve、美少女ゲームの一斉削除告知を一時保留“見直し”―果たして騒動の結末は

    Valve、美少女ゲームの一斉削除告知を一時保留“見直し”―果たして騒動の結末は

  3. 『Euro Truck Simulator 2』向け日本マップModのベータ版が公開中! 見慣れた風景が広がる…

    『Euro Truck Simulator 2』向け日本マップModのベータ版が公開中! 見慣れた風景が広がる…

  4. 『FO4』向け大型Mod『Fallout: Cascadia』最新トレイラー!荒廃したシアトルの全容が明らかに

  5. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』Kickstarter開始!―プレアルファ版プレイ映像も披露

  6. 『オーバーウォッチ』2周年記念イベント「Overwatch Anniversary 2018」開催!

  7. 「呪いをまとうお方、Tシャツを求めなさい」ー『ダークソウル』コラボTシャツが発表

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『オーバーウォッチ』のLEGOセットも! Activision Blizzardのライセンス事業プランが発表

  10. ケイン・コスギがTwitchで『LoL』配信をスタート!スポンサー登録で「パーフェクバァディ」が聞ける【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top