気になる*Spark 『Receiver』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

気になる*Spark 『Receiver』

PC Windows



今回の気になる*SparkではSteamで2013年4月30日に配信が開始されたFPS『Receiver』をご紹介します。本作は元々“7日間でFPSを作ってしまおう”という企画の参加作品としてWolfire Gamesが開発した作品であるため、ハイクオリティな銃撃戦や熱いストーリーが展開するというものではありません。その代わりに本作では「銃器の細かい操作を全てプレイヤーが自分で行う」という特徴を持っています。

空薬莢を排出

通常のFPSの場合、銃のリロードはリロードキーを押すだけでゲーム中のキャラクターが自動で行なってくれますが、『Receiver』では全ての操作を自分で行います。弾倉を抜く、新しい弾倉を取り出す、弾倉を入れる、スライドを引いて初弾を薬室に送る、などの操作が個別のボタンに割り当てられており、リロードするだけで4〜5回のキー操作が必要となります。

『Receiver』に登場する3種類の銃

『Receiver』はゲームというよりはシミュレーターに近く、銃器の操作を楽しむのがメインとなっています。一応マップ内に落ちている11本のオーディオテープを全て集めるとクリアとなりますが、スタート位置、与えられる銃、敵の配置、全てがランダムであり、更には死亡したら最初からやり直しとなってしまうのでクリアには相当な根気が必要となります。

撃墜したテーザーロボット

登場する敵はマシンガンタレットと浮遊するテーザーロボットのみ。いずれもシンプルな敵ですが、本作においては大きな脅威です。出会い頭の戦闘ではまず負けるので、忍び足で進みつつ気づかれる前に倒すのが得策でしょう。なお、スタート直後に薬室に弾が入っているかを確認しておかないと、敵の目の前で弾が出ないという危機敵状況に陥ってしまいます。

緊張感あふれるゲームプレイ

『Receiver』の価格は4.99ドル、高いと感じるか安いと感じるかは個人の感覚によりますが、私は価格以上に楽しめています。ちなみに過去にご紹介した『Overgrowth』(こちらもWolfire Games開発)を予約購入しているユーザーは本作を無料で入手可能です。

残弾を確認

本作は万人受けする内容ではありませんし、実験的な作品という事でスルーしてしまう人もいるでしょう。しかし他の作品では経験できない雰囲気があるので機会があれば是非プレイしてみてください。いつかこのシステムでマルチプレイヤー対戦ができたらいいなぁ……。



【関連記事】
気になる*Spark 『Zombie Estate 2』
気になる*Spark 『Evoland』
気になる*Spark 『Proteus』
気になる*Spark 『Overgrowth』
気になる*Spark 『Charlie Murder』
気になる*Spark 『DreadOut』
気になる*Spark: 『Euro Truck Simulator 2』
《RIKUSYO》

特集

PC アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『MONSTER HUNTER: WORLD』『Undertale』『Rise of the Tomb Raider』『Cuphead』他

    週末セール情報ひとまとめ『MONSTER HUNTER: WORLD』『Undertale』『Rise of the Tomb Raider』『Cuphead』他

  2. 東方新作『秘封ナイトメアダイアリー ~ Violet Detector.』Steamページ公開!9月配信予定

    東方新作『秘封ナイトメアダイアリー ~ Violet Detector.』Steamページ公開!9月配信予定

  3. ダークファンタジーRPG『ダーケストダンジョン』PC版にも日本語実装!

    ダークファンタジーRPG『ダーケストダンジョン』PC版にも日本語実装!

  4. Valve新作対戦カードゲーム『Artifact』のウェブサイトがオープン! PAX West用デッキ情報も

  5. ローグライクなホームレスサバイバル『CHANGE』の早期アクセス日が決定!

  6. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  7. 非対称マルチプレイヤーホラー新作『Daemonical』早期アクセス開始! 悪魔と人間の戦い描く

  8. 超不謹慎墓守シム『Graveyard Keeper』プレローンチトレイラー!PC版は日本語にも対応

  9. 開発中の『Halo Infinite』が事実上の"Halo 6"であると判明―開発元343インダストリーズが明かす

  10. 終末リアルタイムタクティクス『Dustwind』正式リリース! 終りを迎えた世界で生き延びろ

アクセスランキングをもっと見る

page top