『グランツーリスモ6』では新しい物理エンジンを採用、『GT5』と比較して実際に体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランツーリスモ6』では新しい物理エンジンを採用、『GT5』と比較して実際に体験

2013年冬発売を目指して開発中のプレイステーション3専用ソフトウェア『 グランツーリスモ6 』は、フィジックスエンジンを刷新、タイヤやダンパーなど新しい物理挙動モデルを取り入れて、より実車に近い挙動を実現するといいます。

家庭用ゲーム PS3

2013年冬発売を目指して開発中のプレイステーション3専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』は、フィジックスエンジンを刷新、タイヤやダンパーなど新しい物理挙動モデルを取り入れて、より実車に近い挙動を実現するといいます。

グランツーリスモ6のプレゼンテーションにおいて、プロデューサーの山内一典氏は「リアルドライビングシミュレーターのコアとなるフィジックスエンジンを新しくします。新しいサスペンションモデル、新しいタイヤモデルなど、タイヤの世界はとても神秘的なのですが、これを日本の横浜ゴムの協力で、今一歩一歩進めていきます」。

加えて、「タイヤと並んで不思議なのがダンパーなのですが、これはドイツのKWオートモーティブと共同開発しています。エアロダイナミクスもより精度の高いモデルに入れ替えます、この世界も非常に奥の深いものになります。また、我々は過去5年間に渡りレース活動をしてきていますが、そこからも莫大な興味深い情報が得られていますので、新しいフィジックスエンジンに盛り込みたいと思います」と述べました。

会場には『GT5』と『GT6』のクルマの挙動の違いを示す映像が披露され、山内氏は「クルマの姿勢がGT6では、よりリアルになっているところをご覧ください」と紹介しました。

イベント後のインタビューでは、処理性能が向上しているPlayStation 4ではなく、既存のPlayStation 3においてフィジックスエンジンの進化を行なうことの意味について、記者から質問が寄せられました。


山内氏「タイヤやダンパー、エアロダイナミクスにしてもそうなんですが、何かを成し遂げるためにCPUの計算力があればできるという話ではなく、(タイヤの物理現象など)わからないことがわかるようになることが進化の上で凄く大事。(今回は)CPUパワーをより絞り出したから出来る面もありますが、それ以上に、これまでわからなかったことがわかるようになったこと凄くが大きいです」と話しました。

進化するハードウェアへの対応を急ぐより、PS3の段階であってもフィジックスエンジンを進化させ、よりリアルなクルマの挙動を極めることで、プレイヤーに感動してもらうことのほうが重要であると、山内氏は考えているのかもしれません。

『GT5』と『GT6』、実際にドライブして違いがあるのか? GTアカデミー出身のレーシングドライバーであるルーカス・オルドネス選手にGT6をドライブした感想を聞いてみました。

オルドネス選手は、「今朝、初体験しましたが、物理的な部分やクルマの姿勢など、走り方の部分でだいぶ進んでいることが感じられました。最終版が出来たら本当にヤバいと思います」とコメント。

筆者も実際にプレイしてみたところ、ブレーキング時のノーズダイブやコーナーリング時における車体のロール姿勢など、これまでの『GT5』と比較すると、より立体的な動きをしている感覚を受けました。完成版を体験することが非常に待ち遠しいです。

【関連記事】
山内一典氏が『グランツーリスモ6』のPS4バージョンについてコメント
SCEEプレジデント ジム・ライアン氏「山内さんは100%完璧主義者」
『グランツーリスモ6』の発表会場シルバーストーン・サーキット現地フォトレポート
シリーズ15年の貫禄『グランツーリスモ6』のコンセプトムービーが公開
英国15周年イベントで『グランツーリスモ6』が正式発表、PS3専用で2013年冬発売へ
《インサイド》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  2. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

    【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  3. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

    【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

  4. 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

  5. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  6. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  7. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  8. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  9. 『どうぶつの森』スイッチ向け新作を発表!2019年発売予定

  10. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

アクセスランキングをもっと見る

page top