Wii Uソフト『The Wonderful 101』の公式サイトがついに公開、新情報が続々明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wii Uソフト『The Wonderful 101』の公式サイトがついに公開、新情報が続々明らかに

任天堂は、8月24日に発売を予定しているWii Uソフト『The Wonderful 101』の公式サイトを公開、ゲーム概要を明らかにしました。テーマ曲と思われる勇ましいサウンドと、初公開となる映像が流れる本サイト。公開されたのは「イントロダクション」と「ストーリー」の2つで

ニュース 最新ニュース
任天堂は、8月24日に発売を予定しているWii Uソフト『The Wonderful 101』の公式サイトを公開、ゲーム概要を明らかにしました。

プラチナゲームズが手掛ける完全新作のアクションゲームとして、この夏最大の注目を浴びているといっても過言ではない本作。長らくゲーム内容の詳細が不明なままでしたが、ついに公式サイトが公開されました。

テーマ曲と思われる勇ましいサウンドと、初公開となる映像が流れる本サイト。公開されたのは「イントロダクション」と「ストーリー」の2つです。「イントロダクション」のコンテンツでは、「ヒーロー合体100人力(フルパワー)!」という煽り文句とともに、『The Wonderful 101』のゲーム概要について紹介。Wii Uゲームパッドを使用して、ヒーローたちの必殺技であるユナイト・モーフを指示するシーンなどがスクリーンショットとともにビッシリ記載されています。

■孤高の特務戦闘兵団「ワンダフル・ワンダブルオー」
全世界100箇所の支部に1人ずつ配備されている、ワンダフル・ワンと呼ばれる特務戦闘兵。あらゆるくんれんを潜り抜けた精鋭であり、侵略軍「ゲスジャーク」を倒す使命を背負っています。身分を明かさず、名も遺さない孤高の特務戦闘兵団。それこそが「ワンダフル・ワンダブルオー」なのです!

■必殺技「ユナイト・モーフ」で道を切り拓け!
個性豊かなヒーローたちは、それぞれ個別のユナイト・モーフを操ることができます。
主人公であるワンダ・レッドなら真っ赤な拳を叩きつける「ユナイト・ハンド」が。ワンダ・ブルーなら青く輝く剣状の武器による「ユナイト・ソード」が。ワンダ・グリーンなら、緑色のバズーカ砲のようなものを発射する「ユナイド・ガン」が使えるようで、これらユナイト・モーフは敵との戦闘だけでなく、ステージ上の仕掛けを解くのにも利用することができます。ユナイト・モーフの使い分けが戦局を左右する重要な要素となることは間違いなさそうです。

なお、本作では同時に自らのヒーローチームを率いて大規模な戦闘が楽しめる最大5人の協力プレイも搭載していますが、残念なことに、こちらはオンラインプレイには対応していないということです。

また、プラチナゲームズのディベロッパーズブログでは、ディレクターである神谷英樹氏の「ご挨拶」と題した投稿も記載されています。本作は、ヒーローになって悪者を倒していく、単純・純粋な「バトル・アクションゲーム」であること。タイトルにある「101(ワン・オー・ワン)」はヒーローたちの数を意味している…など、『The Wonderful 101』について語られているので、ぜひ読んでみてください。

『The Wonderful 101』はWii Uを対象に8月24日発売予定。価格は6,930円(税込)です。


(c)2013 Nintendo / PlatinumGames Inc.

(ソース: The Wonderful 101, ディベロッパーズブログ)

【関連記事】
コミコン13: 『THE WONDERFUL 101』ゲームプレイおよび解説映像公開
プラチナゲームズによる『THE WONDERFUL 101』海外向け最新トレイラー
【Nintendo Direct】『The Wonderful 101』5人協力プレイを搭載 ― 発売前に「Direct」放送も決定
『The Wonderful 101』発売日決定、Wii U夏の有力ソフトの1本に
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

    オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

  2. フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

    フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

  3. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

    『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  4. 2020年で『ダンガンロンパ』生誕10周年! 記念生放送など多種多様な施策実施を発表

  5. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

  8. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  9. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  10. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

アクセスランキングをもっと見る

page top