GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート

もしナチスドイツが第二次世界大戦に勝利していたら?そんな架空の世界が舞台のシングル専用FPS『Wolfenstein: The New Order』、gamescom 2013ベセスダブースにてそのアーリーデモを1時間弱プレイする機会がありましたのでレポートをお送りいたします。

ニュース 最新ニュース
GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート
  • GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート
  • GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート
  • GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート
  • GC 13: あのBJが帰ってきた!『Wolfenstein: The New Order』のハンズオンレポート


もしナチスドイツが第二次世界大戦に勝利していたら?そんな架空の世界が舞台のシングル専用FPS『Wolfenstein: The New Order』、gamescom 2013ベセスダブースにてそのアーリーデモを1時間弱プレイする機会がありましたのでレポートをお送りいたします。

『The Chronicles of Riddick』や『The Darkness』などを手がけた主要メンバーらで構成するMachine Games、その彼らなりの新解釈でリブートされた新Wolfenstein、『Wolfenstein: The New Order』。ナチスが支配する1960年代の独裁世界に植物人間状態から復活した我らがBJが反旗を翻す!ネタバレになるので詳細は語れませんが、序盤から怒涛のアクションが繰り広げられます。またそれを上回る、内容の濃いドラマも。マッドサイエンティストあり、人体改造あり、どちらの仲間を助けるか究極の選択あり、精神病院に収容もあり、大脱走ありとたった1時間足らずの序盤のデモプレイにお腹いっぱいてんこ盛りの詰め込み様です。主人公はシリーズを通してお馴染みのB.J.Blazkowicz、米陸軍あがりの諜報員という設定です。シングルプレイ専用だけあって設定やシナリオもかなり凝っている様子、わずか1時間弱のプレイですがぐいぐい引き込まれてしまいました。



佳作アクションを手がけてきた開発者らで構成するスタジオだけあってアクションやシューティングの部分はかなり洗練されている出来です。軽めの挙動に軽快な射撃、2丁拳銃や2丁マシンガンで爽快に敵を薙ぎ払うフィールはid Softwareが90年代に作っていたFPSのDNAを感じられる作風と言いましょうか。



悪趣味とも取れるほど悪ノリが過ぎるナチスの悪役ぶりは好みが分かれるところでしょうが、ドラマ性の高い良質なシングルFPSをお探しでしたら是非チェックされてみてはいかがでしょうか。対応機種はPC、Xbox 360、Xbox One、PS3、PS4の5機種にて2014年内に全世界発売予定。日本版の詳細発表も待たれるところです。
《パムジー》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

    SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  2. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

    『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

  3. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  6. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『レインボーシックス シージ』Y4S2でGlazが弱体化―展開シールドなど調整の一部を公開

  9. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top