家族や親しいフレンドとSteamゲームライブラリの共有が可能となる“Steam Family Sharing”が正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

家族や親しいフレンドとSteamゲームライブラリの共有が可能となる“Steam Family Sharing”が正式発表

ニュース 発表


以前よりされていたSteamの新機能“Steam Family Sharing”が正式に発表されました。本機能では家族や親しいフレンドとSteamのゲームライブラリを共有、いわゆる貸し借りが行えるようになります。一旦ライブラリの共有が承認されれば、借り手は貸し手のライブラリにアクセスし、ゲームのインストール及びプレイが可能となります。

詳細ページではFAQが掲載されており、幾つかの注意点などが記載されています。

  • 1つのSteamアカウントにつき、10台のデバイスで共有が可能。

  • 共有はゲームごとではなくライブラリ全体で行われる。

  • クラウドへのセーブや実績などはそれぞれのアカウントで管理される。

  • サードパーティのキーやアカウント、サブスクリプションを使用するゲームは共有できない場合がある。

  • 借り手と貸し手が同時にゲームをプレイする事はできない。

  • 貸し手は常にゲームをプレイ可能。借り手がプレイ中に貸し手がプレイし始めた場合は、借り手はゲームの購入あるいはプレイの終了を促される。

  • 借り手は貸し手が所有するDLCにアクセス可能。貸し手が所有していないゲームのDLCは購入できない。また、ゲーム内で購入あるいはトレードしたアイテムは共有できない。貸し手・借り手に関わらず、それらのアイテムは入手したアカウントのものとなる。

  • 地域制限のあるコンテンツは制限された地域では共有できない。

  • 共有されたライブラリで借り手によってチートや不正行為が行われた場合は、貸し手のFamily Sharingの権利が剥奪されるかもしれない。

“Steam Family Sharing”は来週より限定的なベータが実施されるとの事で、公式グループへの参加が呼びかけられています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

    DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  2. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  3. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

    関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  4. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  5. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  6. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  7. 噂:延期が続く『Crackdown 3』のリリース時期は近日発表? 伯レーティング機関に情報登録

  8. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  9. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  10. Naughty Dogや『TES』公式SNSも!『ゴッド・オブ・ウォー』大勢のゲームクリエイターからお祝いメッセージが届く

アクセスランキングをもっと見る

page top