TGS 13: 『Ryse: Son of Rome』『Yaiba NINJA GAIDEN Z』、マイクロソフトZ区分ブース試遊レポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TGS 13: 『Ryse: Son of Rome』『Yaiba NINJA GAIDEN Z』、マイクロソフトZ区分ブース試遊レポ

ニュース 最新ニュース

TGS 13: 『Ryse: Son of Rome』『Yaiba NINJA GAIDEN Z』、マイクロソフトZ区分ブース試遊レポ
  • TGS 13: 『Ryse: Son of Rome』『Yaiba NINJA GAIDEN Z』、マイクロソフトZ区分ブース試遊レポ
日本マイクロソフトブースのZ区分指定タイトルでは『Yaiba NINJA GAIDEN Z』『Ryse: Son of Rome』『Fable Anniversary』が出展されています。

Yaiba NINJA GAIDEN Z』は、稲船敬二氏率いるcomcept、アメリカのSpark Unlimitedが開発に加わるNINJA GAIDENのスピンオフタイトル。毛筆フォントの「YAIBA」という題字、「カミカゼ・ヤイバ」という主人公の名前から、「アメリカから見た日本」という雰囲気がうかがえます。アメコミ風のタッチでゾンビと戦うサイボーグニンジャという本作。既存シリーズよりアクションはシンプルに派手になりました。ガード、カウンター、つかみ、惨殺、斬る、ダッシュ、そして強力な攻撃を行う「ブラッドラスト」などのアクションでゾンビを「掃除」していきます。

店を飾る女の股のオプジェにトラックをつっこませるというノリは、明らかに今までのニンジャガと対をなすもので、ダークヒーローではなく「ダーティヒーロー」なアクションゲームに仕上がっている感じ。わりとノリと勢いでオラオラプレイができてしまうので、これまでのシリーズのようにプレイヤーのスキルが向上していく喜びがあるのか、短い試遊では判断できませんでした。

Ryse: Son of Rome』は、Crytek開発のXBOX ONEローンチタイトル。Kinect専用タイトルから大きく様変わりした本作は、試遊では、ローマを舞台にしたシネマティックなシングルプレイではなく、闘技場コロッセウムでグラディエーターとして戦う協力マルチプレイを体験できます。これは今年のgamescomでも公開されていたもの。



グラディエーターをテーマにしたアクションゲームには名作もありますが、本作はそれよりもむしろ、派手なとどめ演出や身体切断、画面をしめる肉体の圧迫感や重量感などで、ギアーズオブウォーの身体表現に近いものを感じました。全体的に肉厚。10以上のマップやゴールドの獲得など、シングルプレイと両立できるマルチプレイとして期待できそうです。東京ゲームショウに出展されたということは、XBOX ONEが日本でローンチの際は発売されるはず!
《Kako》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS4『龍が如く3』波多野結衣さん、桃乃木かなさんが新規キャバ嬢として出演決定!

    PS4『龍が如く3』波多野結衣さん、桃乃木かなさんが新規キャバ嬢として出演決定!

  2. Co-opホラーFPS『GTFO』新エネミー「Shadow」トレイラー公開―闇に蠢く恐怖…

    Co-opホラーFPS『GTFO』新エネミー「Shadow」トレイラー公開―闇に蠢く恐怖…

  3. 噂:ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』の発売日がSteamページに掲載

    噂:ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』の発売日がSteamページに掲載

  4. 『アンチャーテッド』超本格ファン映画が降臨―その姿、まさにネイトそのもの

  5. 海外Amazonにて『Frostpunk』や『Surviving Mars』の格安海賊版が一時的に流通ー現在は販売停止

  6. tinyBuildがPAX West 2018にて新作4本の発表を予告―いったいなにが…?

  7. 『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

  8. 『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

  9. Co-opサバイバルアクションシューター新作『Remnant: From the Ashes』発表!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top