『Burnout』新作について開発のCriterionが言及「良い『Burnout』がやりたいなら忍耐するしかない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Burnout』新作について開発のCriterionが言及「良い『Burnout』がやりたいなら忍耐するしかない」

ニュース 最新ニュース

チームメンバーが17名となり、今後は小規模チームにてゲーム開発に取り組むことが明らかとなったCriterion Games。現在は新たなジャンルの作品に取り掛かっているとも伝えられ、同社の看板シリーズ『Burnout』が今後どのような道を進むのか注目が集まっていましたが、同スタジオのクリエイティブディレクターAlex Ward氏がこの『Burnout』についてTwitter上で言及しました。

Ward氏は「良い『Burnout』ゲームをやりたいのなら、我々と共に忍耐するしかない。それが私が言える全てだ。おっと、我々の弁護士に監視されている」とコメント。また続けて「“忍耐して欲しい”は少し岩田スタイルだった。“理解して欲しい”、こっちが良いね。あるいは“楽しみにしておいて欲しい”」と、『Burnout』フランチャイズ継続の意向を見せています。

ただし一方で先日から伝えられているように、現在『Burnout』の新作は開発されておらず、Ward氏は「アメイジングな何かが出来る準備が整わない限り『Burnout』には触れない」、また「輝かしい新ハードウェアのどちらも十分な根拠とはなっていない。シリーズは常にどこかで新しいものを築き上げてきた」と明言。

また「『ターミネーター3』は楽しかったがジムキャメロンとライトストームが関わっていなくて、個人的にはイマイチだった。我々は『Burnout』で『T3』をやりたくは無いんだ」とも述べ、無闇にフランチャイズを継続させるつもりは無いことを明らかにしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

    暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

  2. “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

    “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

  3. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

    米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  4. CDPRの共同設立者がルートボックス議論に反応「フルプライスのゲームは洗練されたコンテンツであるべき」

  5. Steam旧正月セールがスタート! ウィッシュリストも使いやすく改良

  6. 【漫画じゃんげま】133.「受け継がれし意志」の巻

  7. 人気農業シム最新作『Farming Simulator 19』発表! 新たなエンジンで大幅強化

  8. アタリ、デジタル通貨「Atari Token」発行へ―オンラインカジノでの取り扱いも

  9. ウメハラら有名プロゲーマー達がe-Sports緊急座談会!「ゲームと金」2018年2月18日開催

  10. 『モンハン』×「デカビタC」コラボTVCMで生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

アクセスランキングをもっと見る

page top