『The Witcher』シリーズが累計600万本セールスを突破、最新作への進化を辿るインフォグラフィックも登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Witcher』シリーズが累計600万本セールスを突破、最新作への進化を辿るインフォグラフィックも登場

ニュース 最新ニュース

『The Witcher』シリーズが累計600万本セールスを突破、最新作への進化を辿るインフォグラフィックも登場
  • 『The Witcher』シリーズが累計600万本セールスを突破、最新作への進化を辿るインフォグラフィックも登場

ポーランドのゲーム開発スタジオCD Projekt REDは、同社の看板アクションRPGシリーズ『The Witcher』の累計セールスが600万本を突破したと公式ブログにて報告しました。今年2月には500万本セールスが伝えられていたため、1年が経過しない内に売り上げ100万本を上乗せした形となります。

『The Witcher』は「伝説の白狼」の異名を持ちモンスター退治専門家ウィッチャーの1人であるゲラルトの冒険を描いたファンタジーRPG。現在までに『The Witcher』と『The Witcher 2: Assassins of Kings』の2作がリリースされており、第1作がリリースされたのは6年前となる2007年となっています。プレイヤーの選択によって事細かに分岐する壮大な物語と、善悪だけにとらわれないダークでアダルトな世界観が魅力のシリーズです。

なお今回の発表に合わせ、過去作から2014年発売予定の最新作『The Witcher 3: Wild Hunt』への進化を辿るインフォグラフィックも登場。過去2作ではおよそ80万前後だったコード行数が現時点で113万5,617行に、ワールドは過去2作を合計したものよりも巨大、ポリゴン数は初代の3,100と続編の4,300から6,000へ、エンディングは36種類に増加。また台詞量は現時点で3,000行に達し、ゲームクリアにはメインストーリー50時間、サイドクエストで50時間が必要なことなど、より巨大に進化した『The Witcher 3』の規模が記されています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  4. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  5. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  7. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  8. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  9. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

  10. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

アクセスランキングをもっと見る

page top