ZeniMax Mediaが新エンジンと思われる“Void Engine Powered by Id Tech”を商標登録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ZeniMax Mediaが新エンジンと思われる“Void Engine Powered by Id Tech”を商標登録

ZeniMax Mediaによって何やら謎めいたティーザーサイトが公開され様々な噂が囁かれる中、同社が今月8日に“Void Engine Powered by Id Tech”なる商標をUSPTO(米国特許商標庁)に登録していた事が明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース
ZeniMax Mediaが新エンジンと思われる“Void Engine Powered by Id Tech”を商標登録
  • ZeniMax Mediaが新エンジンと思われる“Void Engine Powered by Id Tech”を商標登録

ZeniMax Mediaによって何やら謎めいたティーザーサイトが公開され様々なが囁かれる中、同社が今月8日に“Void Engine Powered by Id Tech”なる商標をUSPTO(米国特許商標庁)に登録していた事が明らかとなりました。

その名称及び商標の使用目的(“コンピューターゲームをデザインし開発するために使用されるソフトウェア・ゲーム・エンジン”)から、新たなゲームエンジンが開発されているのではないかと予想されています。

この件に関してZeniMaxの子会社であるBethesdaの代表は「商標登録に関してはコメントしない」とGameSpotに伝えていますが、冒頭で触れた謎のティーザーサイト登場のタイミングでのニュースという事で、本エンジンを採用した新作、特に『Fallout 4』の発表を期待する声が高まっていくのではないでしょうか。

なお、これらの噂に関するヒント……であるかどうかは不明ですが、Bethesda Blogではこんな記事が公開されていました。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  7. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  8. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』女暗殺者「ジェイド」参戦決定―凄惨なフェイタリティも

  9. 『鉄拳7』サウジアラビア出身の新キャラが現地新聞に掲載、アラビアンな原田氏の姿も

  10. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top