米国女優リンジー・ローハン、『GTA V』内で自身のイメージを無断盗用されたとしてRockstarを訴訟か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国女優リンジー・ローハン、『GTA V』内で自身のイメージを無断盗用されたとしてRockstarを訴訟か

ゲーム中に一癖も二癖もある"架空のセレブ"たちが多数登場する『Grand Theft Auto V』ですが、米国の女優リンジー・ローハンが『GTA V』内にて自身のイメージを盗用されたとして、Rockstar Gamesを訴訟するのではないかというニュースが海外にて報じられています。

ニュース 最新ニュース
ゲーム中に一癖も二癖もある"架空のセレブ"たちが多数登場する『Grand Theft Auto V』ですが、米国の女優リンジー・ローハン氏が『GTA V』内にて自身のイメージを盗用されたとして、Rockstar Gamesを訴訟するのではないかというニュースが海外にて報じられています。

これは「マイケル・ジャクソンの死」をどのメディアよりも早く報じるなど、セレブ関連のニュースで有名なローカル番組TMZが複数のソースから得たという情報。一体どの場面でイメージを盗用したと訴えているのかなど詳細は不明ながら、『GTA V』内で使用された自身のイメージに見合った支払金を求め弁護士を通しRockstar Gamesを訴訟すると伝えられています。

主人公3人組の次にプレイヤーの脳裏に焼き付いていると思われる「ディスクに印刷された女性キャラクター」は誰もが今回の訴訟の原因と思い付きそうなところ。こちらは実際にローハン氏が元ネタではと噂になったものの、後にモデルのシェルビー・ウィランデル氏がTwitter上で自身がひな形だと昨年にも告白、Rockstarから雇用された際の明細書を公開してひとまずの決着が付いていました。


この他にもTMZは、パパラッチからの逃走ミッションに登場するセレブ女優レイシー・ジョナスや、パパラッチミッションに登場しフランクリンに盗撮されたポピー・ミッチェルなどを訴訟対象として挙げています。リンジー・ローハン氏はドラッグ使用、ひき逃げや飲酒運転含む交通事故、暴力事件など過激な私生活でも知られており、一体『GTA V』のどこで彼女のイメージが盗用されたのか予想するのは難しそうです。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチ版が配信停止中のARPG『ファイナルソード』開発元がYouTube配信についてのお願いを掲載

    スイッチ版が配信停止中のARPG『ファイナルソード』開発元がYouTube配信についてのお願いを掲載

  2. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』銃器のカスタマイズを充実させるガンスミスアップデートの詳細が告知

    『ゴーストリコン ブレイクポイント』銃器のカスタマイズを充実させるガンスミスアップデートの詳細が告知

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. Devolver Digitalの中止された現地イベントを体感!?『Devolverland Expo』がSteamで無料配信

  5. 『ファークライ』新作が「UBISOFT FORWARD」にて発表か―公式Twitterがティーザー映像公開

  6. Epic GamesストアにてゾンビCo-opFPS『Killing Floor 2』脱獄Co-opシム『The Escapists 2』惑星探険SFADV『Lifeless Planet』期間限定無料配信開始

  7. Epic GamesティムCEO「ソニーからの出資打ち合わせはUE5発表後」

  8. 悪路ドライブ『SnowRunner』シーズンパスの最初を飾るフェーズ1「Search & Recover」が現地7月15日に配信

  9. 初代『シャンティ』ゲームボーイカラーカートリッジが再販決定! スイッチ版もデジタルとパッケージで発売予定

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top