倒産した38 Studiosの資産オークション、『Kingdoms of Amalur』続編MMOのIPは売却先が見つからず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

倒産した38 Studiosの資産オークション、『Kingdoms of Amalur』続編MMOのIPは売却先が見つからず

いくつかのIPなどは売却されたものの同スタジオが手がけた『Kingdoms of Amalur』の続編MMO『Project Copernicus』のIPは売買に至らなかったことが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
延期を経て現地時間の12月10日に実施された今は亡き38 Studiosのアセットオークションですが、海外メディアへ向け競売結果のプレスリリースが発行され、いくつかのIPなどは売却されたものの同スタジオが手がけた『Kingdoms of Amalur』の続編MMO『Project Copernicus』のIPは売買に至らなかったことが明らかにされました。

裁判所から任命された管財人のRichard J. Land氏が送付した公式声明によれば、今回実施されたオークションには20組以上がオークションへの参加を契約、特に5組による積極的な入札が行われ、『Rise of Nations』および『Rise of Legends』のゲーム権利、さらには38 Studios傘下Big Huge Gamesの商標の2つが売却決定。収益は32万ドルにのぼったと伝えられています。

一方で未だ売却が決定していないアセットも残っており、38 Studiosが開発していたMMO『Project Copernicus』、ソーシャルメディアとゲーミング関連のプラットフォーム「Helios」は"容認できる提案"がなかったとして売却には至らなかったとのこと。Land氏は今後も残されたアセットの買い手を探すため興味あるパートナーと協議を続けていくとしています。



なお今回のプレスリリースでは『Kingdoms of Amalur: Reckoning』の名は登場しておらず、競売結果については一切触れられていませんが、先に挙げた『Rise of』シリーズやBig Huge Gamesの商標など売却が決定したアセットの例示にて挙げられなかったことから、『Project Copernicus』と同様に売却が決まらなかったのではと見られています。

同オークションでは他にも『Catan』のIPやゲームエンジンBig Huge Game Engineなどを競売にかけると告知されていましたが、プレスリリースではこちらも『Kingdoms of Amalur』と同様に競売結果については触れられていません。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイレントヒル』新作の噂再び……漫画家の丸尾末広氏が気になる写真を投稿

    『サイレントヒル』新作の噂再び……漫画家の丸尾末広氏が気になる写真を投稿

  2. オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

    オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

  3. ソニー、ビリビリ動画へ4億ドルの投資ーアニメとモバイルゲーム分野での協力関係を強化へ

    ソニー、ビリビリ動画へ4億ドルの投資ーアニメとモバイルゲーム分野での協力関係を強化へ

  4. 『サイバーパンク2077』CEROレーティング取得済とCDPR発表ーCEROの臨時休業を受けて

  5. Twitter上でゲームの話題が大盛り上がり! 現時点で今年もっともツイートされたゲームは『あつまれ どうぶつの森』

  6. フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

  7. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top