倒産した38 Studiosの資産オークション、『Kingdoms of Amalur』続編MMOのIPは売却先が見つからず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

倒産した38 Studiosの資産オークション、『Kingdoms of Amalur』続編MMOのIPは売却先が見つからず

いくつかのIPなどは売却されたものの同スタジオが手がけた『Kingdoms of Amalur』の続編MMO『Project Copernicus』のIPは売買に至らなかったことが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
延期を経て現地時間の12月10日に実施された今は亡き38 Studiosのアセットオークションですが、海外メディアへ向け競売結果のプレスリリースが発行され、いくつかのIPなどは売却されたものの同スタジオが手がけた『Kingdoms of Amalur』の続編MMO『Project Copernicus』のIPは売買に至らなかったことが明らかにされました。

裁判所から任命された管財人のRichard J. Land氏が送付した公式声明によれば、今回実施されたオークションには20組以上がオークションへの参加を契約、特に5組による積極的な入札が行われ、『Rise of Nations』および『Rise of Legends』のゲーム権利、さらには38 Studios傘下Big Huge Gamesの商標の2つが売却決定。収益は32万ドルにのぼったと伝えられています。

一方で未だ売却が決定していないアセットも残っており、38 Studiosが開発していたMMO『Project Copernicus』、ソーシャルメディアとゲーミング関連のプラットフォーム「Helios」は"容認できる提案"がなかったとして売却には至らなかったとのこと。Land氏は今後も残されたアセットの買い手を探すため興味あるパートナーと協議を続けていくとしています。



なお今回のプレスリリースでは『Kingdoms of Amalur: Reckoning』の名は登場しておらず、競売結果については一切触れられていませんが、先に挙げた『Rise of』シリーズやBig Huge Gamesの商標など売却が決定したアセットの例示にて挙げられなかったことから、『Project Copernicus』と同様に売却が決まらなかったのではと見られています。

同オークションでは他にも『Catan』のIPやゲームエンジンBig Huge Game Engineなどを競売にかけると告知されていましたが、プレスリリースではこちらも『Kingdoms of Amalur』と同様に競売結果については触れられていません。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

  2. 『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

    『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

  3. 『テイルズ オブ アライズ』主人公&ヒロインのキャスト発表!「テイフェス 2019」1日目レポート

    『テイルズ オブ アライズ』主人公&ヒロインのキャスト発表!「テイフェス 2019」1日目レポート

  4. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  5. Ubisoftがあの渦巻きロゴのデザインを変更―これまでのロゴの変遷も紹介

  6. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  7. スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

  8. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. マイクロソフトがGOG新クライアント「GOG Galaxy 2.0」を公式サポート―様々な機能の詳細も判明

アクセスランキングをもっと見る

page top