『Dark Souls 2』のDLCは現時点でプラン無し、プロデューサーが他機種版やF2P化の可能性と共に語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dark Souls 2』のDLCは現時点でプラン無し、プロデューサーが他機種版やF2P化の可能性と共に語る

前作『Dark Souls』ではDLC「Artorias of the Abyss」が配信されていましたが、バンダイナムコゲームスのプロデューサー宮副岳志氏が続編では現在DLCを予定していないことを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
昨年のVGA 2012における発表から1年が経ち、ようやく来年3月に発売となるフロム・ソフトウェアのシリーズ最新作『Dark Souls 2』。前作『Dark Souls』ではDLC「Artorias of the Abyss」が配信されていましたが、バンダイナムコゲームスのプロデューサー宮副岳志氏が続編では現在DLCを予定していないことを明らかにしました。

これは宮副氏が海外メディアEdgeのインタビューを受けた際に答えた情報で、同氏は「『Dakr Souls 2』ではいかなる追加ダウンロードコンテンツも予期してさえいない。我々はフルゲームと完全な体験を、パッケージを購入したファンに1日で届けたいからだ」とコメント。前作ではDLCはリリースされたものの続編では本当に検討しておらず、「2~3ドルを払って確かなアイテムを手に入れても体験の助けとなることは無い」と明言しました。

またこれに加えEdgeの記者からWii UやPlayStation Vita版『Dark Souls 2』についても質問を受けた宮副氏は、そのどちらも可能性は無いと返答。Wii Uでリリースされないのは会社側の決定ではあるものの、宮副氏自身はWii Uと『Dark Souls』の客層は大きく異なっているように思えるとコメント。またVita版についてはネットワークの機能性の面から携帯機向けのゲームとはならないと説明しています。

なおバンダイナムコゲームスと言えばここ近年で『ソウルキャリバー』や『鉄拳』といったフランチャイズのF2P化を進めていますが、宮副氏は『Dark Souls』フランチャイズのF2P化に関してはまだ新しいIPであり早すぎると述べ、さらには「死ぬ度に支払う?酷いことになりそうだ。フロム・ソフトウェアは特にプレイヤーがお金を支払ってアドバンテージを得るような方法は用いりたくないだろう」と否定しています。


先日IGN経由で公開された実写ティーザー映像

なお正式アナウンス当時よりPC/PS3/Xbox 360のマルチプラットフォームにて開発が進められ、特に前作『Dark Souls』で問題とされたPC版のクオリティに関しては十分に注意が向けられていることが明らかにされていましたが、宮副氏はPC版『Dark Souls 2』にてコントローラーと共にマウス&キーボード操作の確かなサポートが予定されていることを約束しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

    中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  2. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  5. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』DLC第2弾「アトランティスの運命」EP1は国内でも4月23日配信

  7. 『フォートナイト』コラボイベント「インフィニティ・ガントレット」にアップデート、サノス弱体化やバランス調整など【UPDATE】

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  10. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

アクセスランキングをもっと見る

1
page top