消費者向けの仮想現実「VR」はあと2年以内に実現する、ValveがOculus Riftとの協力体制を強調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

消費者向けの仮想現実「VR」はあと2年以内に実現する、ValveがOculus Riftとの協力体制を強調

現在シアトルにて開発者向けイベントSteam Dev Daysを開催しているValveが、消費者向けVRはあと2年以内にも実現するだろうと会場にて伝えました。

ニュース 最新ニュース
ジョン・カーマック氏を筆頭に業界の重鎮たちから大きな注目を集めているOculus Riftから、ルームランナー型の体感デバイスOmniまで、ここ近年で急速に進歩しつつある仮想現実「VR」の分野。現在シアトルにて開発者向けイベントSteam Dev Daysを開催しているValveが、消費者向けVRはあと2年以内にも実現するだろうと会場にて伝えました。

Steam Dev Daysにて公演を行ったValveは、「バーチャル・リアリティはみなが考えているよりも早く大きな衝撃をもたらすだろう」とコメント。またOculusがVRを世に送り出す候補者であることは明白だとも伝え、まだ不十分ではあったものの1つ目の開発キットは良い第一歩だったと伝えました。加えて、先日GDCにて発表された新たなプロトタイプ「Crystal Cove」については大きな前身が見られたと伝え、今後Oculusと共にPCにおけるVR分野を前身させるため歩んでいくとしています。

すでにValveは同社の販売プラットフォームSteamにてVRサポートのカテゴリを昨年12月に設けたほか、先日にもOculus Riftユーザーに向けた「Steam VR」のβテストを開始。どの配信プラットフォームやゲーム販売会社よりもいち早くこの分野に足を踏み入れたValveは、今後もOculusと共にVRを推進していく意向です。

なおValveは同イベントにて95HzリフレッシュレートやFOV110および各眼1K×1K解像度など、2015年に実現可能となるであろう消費者向けHMDのスペックも披露しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

    『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  2. 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

    『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

  3. 終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

    終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

  4. 『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

  5. 地獄の飲酒ADV『Afterparty』10月29日にリリース決定!会話と飲酒で地獄からの脱出を目指す

  6. 『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

  7. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  8. Twitchの新サービス「ギフトチェスト」が開始!Twitch Prime特典を他のユーザーにプレゼント

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

アクセスランキングをもっと見る

page top