スタンドアロン版『DayZ』の最新アップデートが実施、様々な修正によりサーバーパフォーマンスも上昇 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スタンドアロン版『DayZ』の最新アップデートが実施、様々な修正によりサーバーパフォーマンスも上昇

アルファテスト段階でありながらも多くのプレイヤーがゾンビサバイバルを楽しんでいるスタンドアロン版『DayZ』の最新アップデートが実施されました。バージョンは“0.32.114557”から“0.33.114926”となり、多数の追加や修正が施されています。

ニュース 最新ニュース

画像: Dayz TV

アルファテスト段階でありながらも多くのプレイヤーがゾンビサバイバルを楽しんでいるスタンドアロン版『DayZ』の最新アップデートが実施されました。バージョンは“0.32.114557”から“0.33.114926”となり、多数の追加や修正が施されています。その数はかなり多く、Steamグループにて通知された変更ログもPart1Part2に分かれています。

今回のアップデートではサーバー変数処理に大きな変更が加えられた事で、サーバーのパフォーマンスが5~10FPS程上昇。これにより多くの問題が解決され、より円滑なゲーム体験が可能となっているそうです。また、今後も同様の最適化が行われればプレイヤーやゾンビの数を増やすとともに、アイテムとゾンビのリスポーンが可能になるとの事です。

また、作者Dean Hall氏がRedditのAsk Me Anythingセッションにて言及していたサーバーホッピング(同じ場所からアイテムを得たり、危険から逃れるため短時間に複数のサーバーを移動するような行為)への対策も追加。

キューシステムの導入により即座にサーバーをログアウトした場合はペナルティが加えられ、サーバーへの再ログインに時間がかかるようになっています。また、サーバーからログアウトする際プレイヤーキャラクターはその場に座り、完全にログアウトするまでに30秒の時間を要します。そのためログアウト時は周囲の安全を確かめなければなりません。

多くの修正が行われているものの、まだ様々な問題が山積みのスタンドアロン版『DayZ』。しかしながら、今回のサーバーパフォーマンスの上昇はゲームを洗練する上での大きな一歩となるのではないでしょうか。今後の更なる改善に期待です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

    Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

  2. スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

    スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

  3. 任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

    任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

  4. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  5. 選択次第で世界が変わるアクションADV『Hindsight 20/20』発表―経験豊富な開発者達による新作

  6. SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

  7. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  8. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  9. 未発表の『コール オブ デューティ』最新作をアメフト選手がプライベートイベントで先行プレイ

  10. スターリンと火星人が戦う『Stalin vs. Martians 4』発表! あの迷作が可愛くなって復活

アクセスランキングをもっと見る

1
page top