『Rust』がアップデートにて敵キャラクター「ゾンビ」を削除へ、純粋なサバイバルゲームへフォーカス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Rust』がアップデートにて敵キャラクター「ゾンビ」を削除へ、純粋なサバイバルゲームへフォーカス

本日公式ブログにて最新のアップデート内容が発表され、ゲームから敵キャラクターである「ゾンビ」が削除されたことが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
『Garry's Mod』の開発者Garry Newman氏が手がける新作として注目を集め、昨年6月から早期アクセス版の発売が開始されているサバイバルゲーム『Rust』。本日公式ブログにて最新のアップデート内容が発表され、ゲームから敵キャラクターである「ゾンビ」が削除されたことが明らかにされました。

「そうだ。我々はやったよ。もうこれ以上(ゾンビを)撃退することは出来ないようにしようと決定したんだ」と切り出した開発チームは、ゾンビをゲーム中にて維持するにつれて彼らを削除たいという自身たちの不満が増加していったと説明。『Rust』はもはやゾンビサバイバルゲームでは無いと表明し、ゾンビはレッドベアやウルフといった野生動物に置き換えたと伝えています。

昨年末にも開発者のGarry Newman氏は『Rust』の基本アイディアについて公式ブログで振り返っており、『Rsut』は『DayZ』のクローンとして開発がスタートしたものの、その頃からゾンビとの戦いには飽き飽きしていたとコメント。また『Arma』の有するランドマークや町の規模には立ち打ち出来ないことから、プレイヤーが建築物を構築できる『S.T.A.L.K.E.R.』のようなワールドにフォーカスしたと語り、敵ゾンビやミュータント、ウルフのような敵が登場しなくとも、他プレイヤーが常に最大の敵となるゲームを目指してきたと伝えていました。

なお今回のアップデートでは野生動物や回収できる資源にもそれぞれ改善が盛り込まれており、銃撃に対する動物のリアクションや木および石の新たなモデルが導入されています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

    スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

  3. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  4. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  5. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  8. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  9. インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕

  10. 疫病と戦うサバイバルスリラー『Pathologic 2』正式発表!―主人公に残された時間は12日間…

アクセスランキングをもっと見る

1
page top