世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ

ついにゲーム機でも楽しめるようになった『Rust』、本作の世界で手に入るちょっと変わったアイテムをご紹介。

連載・特集 特集
世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ
  • 世紀末のお供はこれだ?『Rust Console Edition』バケツからギターまで雑貨で楽しめ

2021年6月24日に国内版がPS4/Xbox One向けについにリリースされた、過酷な世紀末で生き抜くオープンワールドサバイバルクラフトゲーム『Rust』 。これまでは対応プラットフォームがPC版のみの本作でしたが、ついに正式に日本国内のコンソールユーザーでもサバイバル生活を楽しめるようになりました。

なお、PS4版には松明に火を灯すとDualShock4コントローラーのライトが暖かいオレンジ色に変わりとても可愛いというスゴイ機能も搭載されています!

さて、そんな本作の世界を探検していると、頼りない手作り銃やワイルドなアーマーなど世紀末らしいアイテムと出会えることでしょう。そこで本記事では過酷なサバイバル生活中に出会った「世紀末らしいアイテム」たちをご紹介いたします。

PS5やXbox Series X|Sでもプレイ可能な本作ですが、本記事のスクリーンショットなどには通常のPS4を用いており、他機種とのプレイ環境とはビジュアルが異なる可能性があることをお断りしておきます。

世紀末アイテムNo.1 「バケツヘルメット」

『Rust』といえばこれを連想する人が多いかもしれない超ワイルドなヘルメット。頼りないガラクタに見えますが、意外と正面以外の攻撃を守ってくれます。

サバイバルにある程度慣れた頃に作れるようになる作業台Lv.1がクラフトに必要であるため、わざわざ作る機会は少ないかもしれませんが、サバイバル始めたてのルーキーには心強い相棒です。

世紀末アイテムNo.2「トラバサミ」

古典的な罠であるトラバサミ。メジャーな罠の割には、現実世界で見ることはあまりないですよね。草の生い茂る地面に忍ばせておけばバレにくいトラップの完成。拠点の周りにおいておくと思わぬ収穫があるかも!?

世紀末アイテムNo.3「アコースティックギター」

このアコースティックギターは、本作のフィールドに点在するドラム缶から入手可能。ドラム缶は、壊すことで少しのスクラップとランダムでアイテムが手に入ります。一体前の持ち主は何を思ってこれをドラム缶にしまったのでしょうか……。

PC版では華麗なギターテクニックを魅せる人もいると言われるこの楽器ですが、PS4版でもその魅力は健在。視点を上に向けることで高く、下に向けることで低い音を出せます。左トリガーで単音、右トリガーでコードを弾くことができるので、頑張れば戦場でもどこでも華麗な演奏を見せ付けられることでしょう。

世紀末アイテムNo.4「起き上がりターゲット」

こちらもドラム缶から手に入れたアイテム。ただ、ギター同様最初にこれを入れた人は何を思ってこれをしまったのでしょうか?「起き上がり」と付いているだけあり、中央に弾を当てることでターゲットが倒れ、手動でまた立て直すことができます。ぶっつけ本番の射撃は意外と難しいのでこれで練習しておくと良い……のかも?

世紀末アイテムNo.5「フレイムタレット」

拠点の前に置いておけば近くの敵から守ってくれるすぐれものがこの「フレイムタレット」。いかにも手作り感が漂う風体ですが、炎を吐き出して拠点をしっかり守ってくれます。なお、設置する際に素置きは不可能で、建築土台が必要になります。

アイテムを実際に使ってみよう!

本記事の企画用にせっせと集めたアイテムたち。リサイクラーにかけてほかのクラフトの材料にするのも悪くはないのですが……せっかくなら、これらを飾ってみてサバイバル生活を彩ってみたい!と思うのは人情でしょう。というわけで、早速飾ったり使ってしてみました。その結果は……。

バケツヘルメット

超ワイルドなバケツヘルメット。これを被るならば胴体には超ワイルドな服装を合わせるのがベスト!

というワケで、その辺の箱から手に入れたジャケットと合わせてみました。戦場で目を惹く青いバケツから目を下ろすと、大胆に開いたジャケットから肌がチラリ。このワイルドかつセクシーな衣装でレアアイテムを持ち歩けば、周りのサバイバーたちはたちまちメロメロになってあなたに近づいてくるはず!(こらそこ、カモとか言わない)

トラバサミ

罠が土壇場でちゃんと動かなかったらショックですよね?何事も本番で失敗しないためにテストは必要です。というわけで、自分で試しに引っかかってみました。体力は85の状態で硬いアーマーを着ていざジャンプイン!

めちゃくちゃ痛い!たくさんあった体力は大幅に削れ、激しい出血状態になっています。自分で引っかかる前に包帯を用意してすぐに処置できる状態にしておかないと出血死して悲惨なことになってしまうためご注意ください。


アコースティックギター

この荒れた世界でギターの弦が切れずに保存されていたのはまさに奇跡に近い出来事。この奇跡のギターを弾かないのは失礼にあたりますし、クラフト材料にするため崩すなんてもってのほか!なので、実際に弾いてみました。

コツは要りますが、ギリギリ曲の体を成したものが弾けたと思います。これだけ弾ければ充分でしょう……ということでバンドまたはユニットを組んでくれるメンバー募集中!それまではひとりで終末世界をさすらうソロフォークシンガーとして旅することにします。ラブアンドピース。

起き上がりターゲット

これは……使い道に迷いますね。部屋に飾ってみると脳が目玉と錯覚してしまうのか、謎の威圧感があり落ち着いて眠ることもできません。やはり外に置いておくのがベストなのかも?

ところで、世界を歩いてると他のプレイヤーたちの拠点が見つかりますが、意外と屋根を露出させて真ん中に物を置くプレイヤーが多い印象。屋根にこれを置いておけば興味本位で弓を撃ったプレイヤーから矢を集めることができるかも!? と思いましたが、あまりにも非効率すぎるので却下しました。

フレイムタレット

最後はフレイムタレット。土台にしか設置できないため、拠点近くに設置してみましょう。

タレットをよく見ると顔が描かれています。……めちゃくちゃ可愛い!この白いボディのヤンチャそうな顔が首を回しながら炎を吐き出して健気に拠点を守ってくれます。この過酷な世界での数少ない癒やしですね。猛者たちの銃撃を逃れ命からがら逃げ帰ると、この可愛いタレットくんが出迎えてくれる……そんな理想(?)のサバイバル生活、送ってみたい!


今回は一部しかご紹介できませんでしたが、本作には豊富な数のアイテムが用意されており、どれもちょっと変な雰囲気を漂わせるものばかり。過酷なサバイバルを楽しむのも良いですが、こうしていろんなアイテムを探してみるのもまた違った楽しみが味わえるでしょう。

『Rust Console Edition』はPS4/Xbox One向けに発売中です。

《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top