京都で3月開催のインディーサミット「BitSummit」の出展者が決定、全世界から100以上の独立系スタジオが集結 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

京都で3月開催のインディーサミット「BitSummit」の出展者が決定、全世界から100以上の独立系スタジオが集結

日本では初となる大型のインディーゲームサミットとして昨年開催、今年も3月7日より京都にて催される「BitSummit MMXIV」。コミュニティサイトIndie Streamにて同イベントへの出展者が決定したことが発表され、あわせて出展者一覧の最終リストが公開されました。

ニュース 最新ニュース
日本では初となる大型のインディーゲームサミットとして昨年開催、今年も3月7日より京都にて催される「BitSummit MMXIV」。コミュニティサイトIndie Streamにて同イベントへの出展者が決定したことが発表され、あわせて出展者一覧の最終リストが公開されました。

会場を京都の「みやこメッセ」へと移し3日間にわたり開催するなど規模の拡大が伝えられていた「BitSummit MMXIV」。今回発表された出展者リストによれば国内からは東京や大阪を中心に日本人チームが80、海外からは米国、イタリア、オーストラリア、韓国、台湾、フィリピン、日本在住の外国人チーム37の開発が参加することが明らかとなっており、合計で137のインディーデベロッパー達が世界中から京都に集うことになります。

参加するデベロッパーは先日『La-Mulana 2』のKickstarterを成功させたNigoroを筆頭に、国内のインディー格闘ゲームの代表格『ヤタガラス』の開発チーム、また『Project Phoenix』で大きな注目を集めたCreative Intelligence Artsなど。

出展者の数が昨年から倍増した「BitSummit MMXIV」ですが、スポンサーの面でも昨年のPlayismやUnity、Q-GamesやEpic Games Japanに加え、新たにSCEと日本マイクロソフト、国内のインディーゲーム配信で有名なパブリッシャーThe Behemoth、ローカライズ業務で知られる8-4といったメンツが加わっており、規模の面ではまさに日本最大級のインディーゲームイベントへと成長しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  6. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』2019年1月11日リリース!10周年記念の初回限定生産版も

  9. 『Fallout 76』国内発売日が11月15日に決定―北米版との表現内容の差異は「無し」【UPDATE】

  10. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

アクセスランキングをもっと見る

page top