【BitSummit 14】アンビエントな一人称惑星探査ゲーム『MirrorMoon EP』開発者ショートインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BitSummit 14】アンビエントな一人称惑星探査ゲーム『MirrorMoon EP』開発者ショートインタビュー

ローポリを駆使したフラットな絵作りと、ミステリアスなゲーム内容から今年のBitSummitでも一際異彩の放っている『MirrorMoon EP』。今回、Santa Ragioneのスタジオディレクター、Nicolo Tedeschi氏が訪れていたので、ショート・インタビューを行いました。

ニュース 最新ニュース
【BitSummit 14】アンビエントな一人称惑星探査ゲーム『MirrorMoon EP』開発者ショートインタビュー
  • 【BitSummit 14】アンビエントな一人称惑星探査ゲーム『MirrorMoon EP』開発者ショートインタビュー
  • 【BitSummit 14】アンビエントな一人称惑星探査ゲーム『MirrorMoon EP』開発者ショートインタビュー


『MirrorMoon EP』は、『FOTONICA』で知られるイタリアのSanta Ragioneの一人称視点のアドベンチャーゲーム。2012年のグローバルゲームジャムで制作された作品をベースとして、2013年にリリース。IGFのNuovo Awardにノミネートされるなど、評価が高い作品です。

ローポリを駆使したフラットな絵作りと、ミステリアスなゲーム内容から今年のBitSummitでも一際異彩の放っている『MirrorMoon EP』。今回、Santa Ragioneのスタジオディレクター、Nicolo Tedeschi氏が訪れていたので、ショート・インタビューを行いました。



――まず『MirrorMoon EP』を簡単に説明してもらえますか?

Tedeschi:
『MirrorMoon EP』は空間を探索するゲームだ。とても奇妙なゲームだね。というのは、探索そのものをテーマにしたゲームだからだ。プレイヤーには一切何も語られない。すべてがミステリーとなっている。プレイヤーの乗っている宇宙船も謎だし、訪れる惑星も謎だ。

それぞれの惑星にはパズルが用意されていて、プレイヤーはそれを解く必要がある。惑星にあるすべてのパズルは、場所や位置に基づいたパズルだ。プレイヤーはそれらのパズルから自分がどこにいるのか、惑星と月の間で何が起こっているのかを理解する必要がある。そして、惑星と月の関係がパズルを解くための鍵となっている。

――ありがとうございます。とても興味深いゲームですね。

Tedeschi:
本当に奇妙なゲームだと思う。ゲームメカニクスもとても実験的だ。

――視点がとっても変わっていますよね。広角レンズのためか、地平線が丸く見えます。そして、一人称視点であるにもかかわらず、マウスでカメラを動かせない。

Tedeschi:
そうだね。というのも、プレイヤーを迷わせることを意図しているからだ。そして、惑星にある仕掛けを利用して、自分がどこにいるのか理解させるようにできている。プレイヤーが自由にに周り見回すことができると、それらの仕掛けを利用せずに移動ができてしまう。



――どういった作品から影響を受けたのでしょうか?

Tedeschi:
このゲームは古いイタリアのインディーゲーム『Noctis』に影響を受けている。またSFからの影響も強い。主にスタニスワフ・レムの『ソラリス』や『主の声』といった作品。もちろん、タルコフスキーの映画の方にも影響を受けてるし、ミュージシャンの友達たちにも影響を受けた。サウンドトラックは『ブレードランナー』みたいな持続音のアンビエント・ミュージックだ。ゲームの中では、水口哲也氏の作品にも影響を受けている。それから、90年代後半から00年代のローポリのグラフィックスにもね。

――確かにこの3Dでありながら、フラットなグラフィックスはとても現代的ですよね。ありがとうございました。
《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

    アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  2. リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

    リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

  5. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  6. ARゲーム『Minecraft Earth』がモバイル向けに発表!現実世界でみんなとマインクラフト

  7. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  8. プログラミングを楽しめるスイッチ用『プチコン4 SmileBASIC』5月23日発売決定!「初心者ガイド」も新たに追加

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top