FPS『Doom』のロメロ、謎解き探索ADV『Myst』の生みの親ミラー氏。2人が両作を振り返るトークセッション開催へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

FPS『Doom』のロメロ、謎解き探索ADV『Myst』の生みの親ミラー氏。2人が両作を振り返るトークセッション開催へ

ニュース 最新ニュース

『Wolfenstein 3D』に続きFPSの概念を世に知らしめた『Doom』と、現代の一人称視点"世界観ゲーム"に通ずる深い没入感で高評価を獲得した『Myst』。どちらともゲーム業界におけるクラシックの名盤であることは間違いありませんが、その両作のクリエイターらが作品を自ら振り返るという貴重なトークセッションが開催されることが明らかとなりました。

これはid Softwareにて特にデザイン面において貢献した『Doom』のJohn Romero氏と、Cyanスタジオにて『Myst』を手がけたRand Miller氏が、改めて両作を振り返るというトークセッション「DOOM MYST 20 YEARS AFTER」で、現地時間の4月18日にもNYC Game Centerにて開催される予定となっています。


「避けて撃つ」を明確化したFPSの始祖『Doom』。『Brutal Doom』を筆頭にファンコミュニティによるMod(WAD)文化が根付いており、いまだに新作マップやコンテンツが登場し続けている。『Doom 3』まで続編がリリースされており、現在はBethesda下にてid Softwareが『Doom 4』を開発中


深い没入感と高難易度のパズルで高評価をさらった『Myst』。スピンオフ含む全7作がリリースされ、特に初代『Myst』は3DSやiOSなど現代の携帯機にも移植されている。その精神的続編となる『Obduction』が先日Kickstarterキャンペーンを成功させ、130万ドル以上を獲得した

1993年12月にリリースされた『Doom』、1993年9月にリリースされた『Myst』と、奇しくも同じ年に生まれ昨年20週年を迎えていた両作。Bethesdaによりid Softwareが買収され、『Doom 4』の動向はいまだ気になり、またMiller氏らCyanスタジオは『Myst』の精神的続編である最新作『Obduction』の開発を進めていますが、改めて両作のルーツを開発者の視点から見るトークセッションは非常に興味深い内容となりそうです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  2. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

    群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

  3. 噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

    噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

  4. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

  5. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  6. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  7. 『バトルフィールドV』にはCo-opも実装!“Combined Arms”発表

  8. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  9. 噂:次期PlayStationはRyzen使用?ソニープログラマーがオープンソースコンパイラのRyzen対応整備を実施か

  10. シリーズ最新作『バトルフィールドV』にはシングルモードも搭載!複数の視点から戦場描く

アクセスランキングをもっと見る

page top