FPS『Doom』のロメロ、謎解き探索ADV『Myst』の生みの親ミラー氏。2人が両作を振り返るトークセッション開催へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

FPS『Doom』のロメロ、謎解き探索ADV『Myst』の生みの親ミラー氏。2人が両作を振り返るトークセッション開催へ

『Wolfenstein 3D』に続きFPSの概念を世に知らしめた『Doom』と、現代の一人称視点"世界観ゲーム"に通ずる深い没入感で高評価を獲得した『Myst』のクリエイターらが作品を自ら振り返るという貴重なトークセッションが開催へ。

ニュース 最新ニュース
『Wolfenstein 3D』に続きFPSの概念を世に知らしめた『Doom』と、現代の一人称視点"世界観ゲーム"に通ずる深い没入感で高評価を獲得した『Myst』。どちらともゲーム業界におけるクラシックの名盤であることは間違いありませんが、その両作のクリエイターらが作品を自ら振り返るという貴重なトークセッションが開催されることが明らかとなりました。

これはid Softwareにて特にデザイン面において貢献した『Doom』のJohn Romero氏と、Cyanスタジオにて『Myst』を手がけたRand Miller氏が、改めて両作を振り返るというトークセッション「DOOM MYST 20 YEARS AFTER」で、現地時間の4月18日にもNYC Game Centerにて開催される予定となっています。


「避けて撃つ」を明確化したFPSの始祖『Doom』。『Brutal Doom』を筆頭にファンコミュニティによるMod(WAD)文化が根付いており、いまだに新作マップやコンテンツが登場し続けている。『Doom 3』まで続編がリリースされており、現在はBethesda下にてid Softwareが『Doom 4』を開発中


深い没入感と高難易度のパズルで高評価をさらった『Myst』。スピンオフ含む全7作がリリースされ、特に初代『Myst』は3DSやiOSなど現代の携帯機にも移植されている。その精神的続編となる『Obduction』が先日Kickstarterキャンペーンを成功させ、130万ドル以上を獲得した

1993年12月にリリースされた『Doom』、1993年9月にリリースされた『Myst』と、奇しくも同じ年に生まれ昨年20週年を迎えていた両作。Bethesdaによりid Softwareが買収され、『Doom 4』の動向はいまだ気になり、またMiller氏らCyanスタジオは『Myst』の精神的続編である最新作『Obduction』の開発を進めていますが、改めて両作のルーツを開発者の視点から見るトークセッションは非常に興味深い内容となりそうです。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「Geforce GTX 1060」以上でのDXRリアルタイムレイトレーシング対応が発表!前世代カードでも楽しめる

    「Geforce GTX 1060」以上でのDXRリアルタイムレイトレーシング対応が発表!前世代カードでも楽しめる

  2. 『Apex Legends』新レジェンド“オクタン”実装、シーズン1開始は日本時間3月20日午前2時から!

    『Apex Legends』新レジェンド“オクタン”実装、シーズン1開始は日本時間3月20日午前2時から!

  3. 孤島バトロワ『The Culling』紆余曲折の末、5月でサービス終了ー開発引継ぎの可能性も

    孤島バトロワ『The Culling』紆余曲折の末、5月でサービス終了ー開発引継ぎの可能性も

  4. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  5. 今年もやるぞ!ベセスダ・ソフトワークス、E3 2019ショーケースの開催を告知

  6. クラウドゲーミング「GeForce NOW」ソフトバンク協力の日本サーバー展開やVR/AR対応などが発表

  7. 『Apex Legends』EAが人気ストリーマーNinjaに約1億円の報酬支払いか―ロイター報道

  8. 『Anthem』ドロップ率上昇のアップデートを実施―マスターワークとレジェンダリーを入手しやすく調整

  9. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に!「2019 SXSW Gaming Awards」受賞作品リスト

  10. Googleが提示する「ゲームの未来に関するビジョン」が日本時間3月20日より明らかに―「GDC 2019」ティーザー映像

アクセスランキングをもっと見る

1
page top