『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表

ニュース 最新ニュース

『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表


『Myst』シリーズを手がけてきた米国のゲーム開発スタジオCyanは、新たな一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』を正式発表しました。同作はKickstarterにて開発資金110万ドルの獲得を目指しクラウドファンディングを実施中で、期日は東部標準時11月16日までながらすでに開始1日で18万ドル以上が集まっています。

『Myst』とは1993年にリリースされた一人称視点アドベンチャータイトル。本の中に迷い込んだ主人公がMystと呼ばれる島の謎を解き明かしていくという作品で、ワールドへの没入感や捻りの効いた難解なパズルが高い評価を獲得、多数の移植版や続編が発売されてきました。今回の『Obduction』も『Myst』と同様のアドベンチャー作品となっており、プロジェクトのコンセプトは同ジャンルで深い経験のあるCyanが今日の最新テクノロジーで描くADVとなっています。

『Obduction』の物語は誘拐(abducation)から始まると語られています。ある日の月夜、空から落ちてきた有機体のアーティファクト(遺物)によって主人公が別世界へと突如飛ばされるところからストーリーは始まり、プレイヤーはその世界を『Myst』と同様に探索していくことになります。

技術的な面で本作に最も注視すべき点はEpic GamesのUnreal Engine 4を採用している点でしょう。UE4特有の美麗なパーティクルが多様されているトレイラーは非常に幻想的で、ビジュアル面では『Myst』シリーズから大きな躍進を果たすこととなるはずです。




現代に生まれ変わった『Myst』とも言える『Obduction』は、WindowsとMacOSを対象プラットフォームに2015年中期後半にリリース予定です。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

    54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  4. 『モンハン』×「デカビタC」コラボTVCMで生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  5. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  6. PS4/XB1向けリマスター『Burnout Paradise Remastered』発表! 高解像度テクスチャや4Kにも対応

  7. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  8. 今さら聞けないPC版『スカイリム』ガイド ― ModやDLCで無限に広がる冒険世界

  9. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  10. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

アクセスランキングをもっと見る

page top