『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表

ニュース 最新ニュース

『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表
  • 『Myst』の開発スタジオCyanが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』が正式発表


『Myst』シリーズを手がけてきた米国のゲーム開発スタジオCyanは、新たな一人称視点アドベンチャーゲーム『Obduction』を正式発表しました。同作はKickstarterにて開発資金110万ドルの獲得を目指しクラウドファンディングを実施中で、期日は東部標準時11月16日までながらすでに開始1日で18万ドル以上が集まっています。

『Myst』とは1993年にリリースされた一人称視点アドベンチャータイトル。本の中に迷い込んだ主人公がMystと呼ばれる島の謎を解き明かしていくという作品で、ワールドへの没入感や捻りの効いた難解なパズルが高い評価を獲得、多数の移植版や続編が発売されてきました。今回の『Obduction』も『Myst』と同様のアドベンチャー作品となっており、プロジェクトのコンセプトは同ジャンルで深い経験のあるCyanが今日の最新テクノロジーで描くADVとなっています。

『Obduction』の物語は誘拐(abducation)から始まると語られています。ある日の月夜、空から落ちてきた有機体のアーティファクト(遺物)によって主人公が別世界へと突如飛ばされるところからストーリーは始まり、プレイヤーはその世界を『Myst』と同様に探索していくことになります。

技術的な面で本作に最も注視すべき点はEpic GamesのUnreal Engine 4を採用している点でしょう。UE4特有の美麗なパーティクルが多様されているトレイラーは非常に幻想的で、ビジュアル面では『Myst』シリーズから大きな躍進を果たすこととなるはずです。




現代に生まれ変わった『Myst』とも言える『Obduction』は、WindowsとMacOSを対象プラットフォームに2015年中期後半にリリース予定です。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

    『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

  2. 『オーバーウォッチ』のD.Vaがねんどろいど化―ミニサイズのメックも付属!

    『オーバーウォッチ』のD.Vaがねんどろいど化―ミニサイズのメックも付属!

  3. 『PUBG』国内公式大会が開催決定―DMMの規定を満たした選手にはファイトマネー支給

    『PUBG』国内公式大会が開催決定―DMMの規定を満たした選手にはファイトマネー支給

  4. 12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

  5. ニンテンドースイッチの全世界販売台数が1,000万台突破!

  6. ニンテンドースイッチ版『PAYDAY 2』海外発売が2018年2月に!気軽に銀行強盗だ

  7. 『二ノ国II レヴァナントキングダム』発売日延期が国内向けに発表

  8. ベセスダが“おひとりさま”のためのシングルプレイゲームセールを海外で実施!

  9. フロム・ソフトウェア、新作ティーザー公開!背景に映る草書体のような文字とは【TGA17】

  10. 『ベヨネッタ3』がニンテンドースイッチ向けに電撃発表!【TGA17】

アクセスランキングをもっと見る

page top