『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

ゲーム文化 カルチャー

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

「The Final Hours」とは、GameTrailersTVの司会役として有名なGeoff Keighley氏がてがけている開発の舞台裏を追う電子書籍シリーズ。現在までに『Portal 2』、『Tomb Raider』が題材となっており、今回の「Titanfall - The Final Hours」はシリーズ3作目となります。

元はInfinity Wardにて『Call of Duty』を生み出した面々が、スタジオから離脱し新たに結成したのがRespawn Entertainmentであることは知られているところ。「Titanfall - The Final Hours」では、10億円規模の訴訟やオフィス情勢の不安、そして次なる偉大なビデオゲームフランチャイズを構築するためのクリエイティブなRespawnの創設と苦闘が描かれる内容となっています。



なお電子書籍とはいうものの「The Final Hours」シリーズは多数のイメージや映像にて構成された内容となっており、開発早期の『Titanfall』映像や、チームが開発を進めていく中で破棄した初期コンセプト。さらには『Titanfall』のゲームプレイが開発中に変化していった経緯や、アートチーム「kitbashed」が24フィートのTitanを作り出す様などが描かれます。価格も高くはなく、英語が読めないというユーザーも『Titanfall』をプレイしているならば一読してみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sportsレーシングイベント配信中に「キレ落ち」したプロドライバーがスポンサーから契約解除

    e-Sportsレーシングイベント配信中に「キレ落ち」したプロドライバーがスポンサーから契約解除

  2. サイバーパンクホラーADV『オブザーバー』の次世代機向け作品『Observer System Redux』が登場か

    サイバーパンクホラーADV『オブザーバー』の次世代機向け作品『Observer System Redux』が登場か

  3. 主人公の隠された過去を暴くサイコスリラー『The Shattering』配信日決定

    主人公の隠された過去を暴くサイコスリラー『The Shattering』配信日決定

  4. 車を降りても戦える大乱闘カーアクション『Thunder Rally』Steam早期アクセス開始!

  5. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」を再現するRPGマップ完成版が配布! 圧倒的スケールと再現度を誇る傑作

  6. 協力して生き延びろ! 熱帯雨林サバイバル『Green Hell』にCo-opモード実装

  7. 「リングコン」で『ダークソウルIII』をプレイ! 走っていないと移動操作不能、スクワットでアイテム使用

  8. 惑星の先住民と戦う二足歩行ロボットACT『BE-A Walker』Steam版配信日決定

  9. オンライン侍&忍者バトルアクション『Hanako: Honor & Blade』最新トレイラー公開!

  10. コースを作って実際遊べる「レゴ スーパーマリオ」2020年8月1日発売決定!3種類のセット内容の詳細も公開

アクセスランキングをもっと見る

page top