『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

ゲーム文化 カルチャー

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

「The Final Hours」とは、GameTrailersTVの司会役として有名なGeoff Keighley氏がてがけている開発の舞台裏を追う電子書籍シリーズ。現在までに『Portal 2』、『Tomb Raider』が題材となっており、今回の「Titanfall - The Final Hours」はシリーズ3作目となります。

元はInfinity Wardにて『Call of Duty』を生み出した面々が、スタジオから離脱し新たに結成したのがRespawn Entertainmentであることは知られているところ。「Titanfall - The Final Hours」では、10億円規模の訴訟やオフィス情勢の不安、そして次なる偉大なビデオゲームフランチャイズを構築するためのクリエイティブなRespawnの創設と苦闘が描かれる内容となっています。



なお電子書籍とはいうものの「The Final Hours」シリーズは多数のイメージや映像にて構成された内容となっており、開発早期の『Titanfall』映像や、チームが開発を進めていく中で破棄した初期コンセプト。さらには『Titanfall』のゲームプレイが開発中に変化していった経緯や、アートチーム「kitbashed」が24フィートのTitanを作り出す様などが描かれます。価格も高くはなく、英語が読めないというユーザーも『Titanfall』をプレイしているならば一読してみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サイケデリック・ホラー新作『Layers of Fear 2』の発売日が決定!

    サイケデリック・ホラー新作『Layers of Fear 2』の発売日が決定!

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  4. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  5. 「BlizzCon 2019」開催決定!2019年11月1日より、チケット予約は5月に【UPDATE】

  6. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  7. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  8. 理想のゲーセン経営シム『Arcade Tycoon』3日でKickstarter達成!ストレッチゴールへ移行

  9. 『Apex Legends』サプライボックスを殴り続けると遥か彼方へぶっ飛ぶグリッチが発見される

  10. 『Apex Legends』に登場する「レイスのクナイ」自作映像ー3Dプリンターも駆使

アクセスランキングをもっと見る

1
page top