実際に動作する『Fallout』の「Pip-Boy」レプリカが登場、リアルタイムマッピングに放射能探知機能も搭載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実際に動作する『Fallout』の「Pip-Boy」レプリカが登場、リアルタイムマッピングに放射能探知機能も搭載

多種多様なレプリカが製造されてきた『Fallout』でお馴染みのデバイス「Pip-Boy」。海外にて新たに各種センサーを搭載しまくった新「Pip-Boy」を作った開発者が登場しました。

ゲーム機 ハードウェア

海外の職人が手間ひま込めて作ったものから3Dプリンターで作成されたiPhone装着型など、ファンにより多種多様なレプリカが製造されてきた『Fallout』でお馴染みのデバイス「Pip-Boy」。海外にて新たに各種センサーを搭載しまくった新「Pip-Boy」を作った開発者が登場しました。

これはNASAにより毎年開催されているグローバルコンペティションSpace Apps Challengeのウェアラブル部門へと送リ出すため、Team Renoが開発中のハードウェアおよびアプリ。3Dプリンターで生み出されたハードウェアのデザインはまだ試作段階といったところながらも、各種センサーや機能を搭載しており中身はかなり充実しています。

デバイス上で動作するアプリは温度や湿度に始まり、血圧検知からマッピングおよびガイガーカウンターも搭載。さらにWeb HQへとデータをリアルタイムで送信する機能を備えてます。『Fallout』に登場する終末世界さながらの危険な環境へ調査に向かう際には、様々な各種センサーが装着者に役立つ情報を提供し、さらに作戦本部へとその状況をリアルタイムで伝えてくれるというわけです。もちろん『Fallout』のファンであれば、さらにそのインターフェースをいじくり回し存分に楽しむこともできるでしょう。





Team Renoに参加しているデベロッパーらはColin Loretz氏、Ashley Hennefer氏、Andrew Warren氏、Christopher Baker氏、Ben Hammel氏の5人。いつの日か人類が終末世界に遭遇してしまうようなことがあれば、彼らの「Pip-Boy」が『Fallout』さながらに活躍している時代が来るやもしれません。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

    小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

  2. 「GeForce RTX 2070」第三者ゲームベンチマーク結果が公開―GTX1080比15%近い向上のケースも

    「GeForce RTX 2070」第三者ゲームベンチマーク結果が公開―GTX1080比15%近い向上のケースも

  3. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

    純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  4. ブリキの兵隊を導くVRパズルゲーム『Tin Hearts』先行アクセスが11月9日より開始

  5. VR対応の戦闘ロボ操縦アクション『Vox Machinae』早期アクセス開始!

  6. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  7. NVIDIA期待の新グラフィックカード「GeForce RTX 2080」ベンチマーク情報が公開に

  8. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  9. ビックカメラで「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」予約受付スタート!お得なキャンペーン実施中

  10. 「プレイステーション クラシック」PS Plus加入者限定の抽選先行予約がスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top