実際に動作する『Fallout』の「Pip-Boy」レプリカが登場、リアルタイムマッピングに放射能探知機能も搭載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実際に動作する『Fallout』の「Pip-Boy」レプリカが登場、リアルタイムマッピングに放射能探知機能も搭載

ゲーム機 ハードウェア


海外の職人が手間ひま込めて作ったものから3Dプリンターで作成されたiPhone装着型など、ファンにより多種多様なレプリカが製造されてきた『Fallout』でお馴染みのデバイス「Pip-Boy」。海外にて新たに各種センサーを搭載しまくった新「Pip-Boy」を作った開発者が登場しました。

これはNASAにより毎年開催されているグローバルコンペティションSpace Apps Challengeのウェアラブル部門へと送リ出すため、Team Renoが開発中のハードウェアおよびアプリ。3Dプリンターで生み出されたハードウェアのデザインはまだ試作段階といったところながらも、各種センサーや機能を搭載しており中身はかなり充実しています。

デバイス上で動作するアプリは温度や湿度に始まり、血圧検知からマッピングおよびガイガーカウンターも搭載。さらにWeb HQへとデータをリアルタイムで送信する機能を備えてます。『Fallout』に登場する終末世界さながらの危険な環境へ調査に向かう際には、様々な各種センサーが装着者に役立つ情報を提供し、さらに作戦本部へとその状況をリアルタイムで伝えてくれるというわけです。もちろん『Fallout』のファンであれば、さらにそのインターフェースをいじくり回し存分に楽しむこともできるでしょう。





Team Renoに参加しているデベロッパーらはColin Loretz氏、Ashley Hennefer氏、Andrew Warren氏、Christopher Baker氏、Ben Hammel氏の5人。いつの日か人類が終末世界に遭遇してしまうようなことがあれば、彼らの「Pip-Boy」が『Fallout』さながらに活躍している時代が来るやもしれません。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 森林サバイバルホラー『The Forest』のVR版ベータがスタート!

    森林サバイバルホラー『The Forest』のVR版ベータがスタート!

  2. ビックカメラで「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」予約受付スタート!お得なキャンペーン実施中

    ビックカメラで「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」予約受付スタート!お得なキャンペーン実施中

  3. VR交流ゲーム『Rec Room』にバトルロイヤルモードが実装決定!

    VR交流ゲーム『Rec Room』にバトルロイヤルモードが実装決定!

  4. アタリ新ハード正式名称が「Atari VCS」に決定、予約開始日発表は4月予定

  5. Unityエディターが日本語対応へ!プレビュー版も配信中

  6. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  7. Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

  8. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  9. BenQ、144Hz駆動/DyAc搭載24.5インチゲーミングディスプレイ「XL2536」を2月23日に発売

  10. NVIDIA、GeForce最新ドライバ359.00を配信―『Overwatch』『Assassin's Creed Syndicate』に最適化

アクセスランキングをもっと見る

page top