夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場

インディーデベロッパーCowardly Creationsが手がける2Dサバイバルホラー新作『Uncanny Valley』がIndiegogoにてクラウドファンディングキャペーンを開始しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場
  • 夜間警備員が施設で見たものとは……2Dサバイバルホラー『Uncanny Valley』がIndiegogoに登場

インディーデベロッパーCowardly Creationsが手がける2Dサバイバルホラー新作『Uncanny Valley』がIndiegogoにてクラウドファンディングキャペーンを開始しました。「サバイバルホラーとして売りだされるアクションゲームにはうんざり」との理由で開発された本作はサバイバルホラージャンルらしいゲームプレイを目指しているそうです。


主人公は人里離れた場所に位置する施設で警備員として働くTom。夜間の警備を任された彼は長い夜の暇つぶしに施設の探索を始めるが、そこで見てはいけない物を見つけてしまう……。プレイヤーはより多くの情報を集め、施設で一体何が行われているのかを解き明かしていく事となります。本作のキー要素は以下のとおり。

  • 多数のフロアや建物を備えた探索可能な巨大施設。

  • 強烈な恐怖の瞬間。

  • 豊富なキャラクターを備えた詳細な物語。

  • 「Consequence System」

本作では施設を探索したりパズルを解くなどして物語を明らかにしていきますが(少々のアクションも)、他のゲームと異なる要素として「Consequence System」が挙げられています。これは何かに失敗してもゲームが継続されるというシステムで、その失敗が後のゲームプレイに影響するというもの(例えば敵の攻撃で怪我をし、足が遅くなった事で後の逃走が難しくなるなど)。中には失敗が死に直結するセクションも幾つかあるそうですが、同じセクションを何度もトライするのはフラストレーションの蓄積に繋がるため極力減らしているとの事です。


緊張感溢れるゲームプレイに期待したい『Uncanny Valley』はPC/Mac/Linuxを対象に年内のリリースを予定。Indiegogoの目標金額は5,000ユーロとなっています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

    『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

  2. 『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

    『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

  3. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

    怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  4. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 致命攻撃したくなる!『ダークソウル』コラボアクセサリー「スズメバチの指輪」の予約が開始

  7. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

  8. VRホラー『Dark Deception』がKickstarterに再登場 ― PS4のProject Morpheusにも対応

  9. 視界悪そう…鎧を着て『ダークソウル2』をプレイするストリーマー現る

  10. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top