EVO 2014にて『鉄拳7』が正式発表。Unreal Engine 4採用、平八との因縁巡るデビュートレイラーも解禁 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EVO 2014にて『鉄拳7』が正式発表。Unreal Engine 4採用、平八との因縁巡るデビュートレイラーも解禁

本日バンダイナムコゲームスとシリーズプロデューサー原田勝弘氏は、EVO 2014にて新作『鉄拳7』を正式発表しました。同作は2010年にもスペインで開催されたイベントにて開発がスタートしたことが明らかにされていた作品。

ニュース 発表


本日バンダイナムコゲームスとシリーズプロデューサー原田勝弘氏は、EVO 2014にて新作『鉄拳7』を正式発表しました。同作は2010年にもスペインで開催されたイベントにて開発がスタートしたことが明らかにされていた作品で、現時点で発売時期やプラットフォームは明らかにされていません。

海の向こうではすでに海外メディアIGNが誤って情報を早期に公開していた同作。現地で取材を行った海外メディアPolygonによれば、噂通り『鉄拳7』はUnreal Engine 4を採用していることが伝えられたとのこと。さらなる情報が7月25日より開催されるサンディエゴComic-Conにて解禁される模様です。
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

    Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

  2. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  3. 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

    『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

  4. ユービーアイの『Beyond Good and Evil 2』ついに開発期間が最も長いゲームに…14年間かかった『Duke Nukem Forever』抜く

  5. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

  6. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  7. 『ディスコ エリジウム』開発元の主要メンバーが“不本意な形で”複数人退社

  8. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  9. 『サイバーパンク2077』拡張パック「PHANTOM LIBERTY(仮初めの自由)」発表! 2023年配信予定

  10. ホラーシナリオの話題も!『星のカービィ スーパーデラックス』企画コンセプトを桜井政博氏が語る動画公開

アクセスランキングをもっと見る

page top