戦隊モノ制作ゲーム『Chroma Squad』が権利問題に直面、「パワーレンジャーズ」の制作元と協議中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦隊モノ制作ゲーム『Chroma Squad』が権利問題に直面、「パワーレンジャーズ」の制作元と協議中

『Chroma Squad』。開発元Behold Studiosが位置するブラジルで人気の戦隊モノTVシリーズを題材にした同作が、『パワーレンジャーズ』の権利を保有しているSaban Brandsと権利問題に直面していることが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界


昨年7月にKickstarterで開発資金9万ドルを獲得し、今年3月の最新トレイラーではフルの日本語吹き替えで大きな注目を集めた『Chroma Squad』。開発元Behold Studiosが位置するブラジルで人気の戦隊モノTVシリーズを題材にした同作が、『パワーレンジャーズ』制作元のSaban Brandsと権利問題に直面していることが明らかとなりました。

『Chroma Squad』は戦隊モノTVシリーズを制作していくシミュレーションターンベース型のストラテジーゲーム。プレイヤーは撮影スタジオのマネージャーという設定で、戦隊メンバーを演じる俳優や撮影用の機材を確保し、武器とコスチュームを自由に決め、オリジナルの戦隊モノを制作していきます。各エピソードの撮影をターンベースRPGの要領でクリアしていき、無事1クールを終えることが目標です。

「パワーレンジャーズ」や「電撃戦隊チェンジマン」、「キャプテン・プラネット」などの作品にインスパイアされていることが伝えられていた『Chroma Squad』ですが、現在その「パワーレンジャーズ」の制作元であり海外での権利を保有しているSaban Brandsと協議中であることをBehold Studiosは明らかにしています。現時点で彼らに突きつけられている選択肢は"法的な手段でゲームをリリースできないようにする"か、"Saban Brandsにロイヤリティを支払う"の2つ。なかなか辛辣な選択肢に見えますが、Behold Studios曰く友好的に協議しており、ロイヤリティを支払う方向で話は進んでいるようです。

Kickstarterの出資者向けアップデートにてBehold Studiosは「アメイジングな戦隊カルチャーはおもに日本のものだが、世界中でもファンが増加してきたこと」や、「一般的な特撮、日本のスーパーヒーロー、アニメ、仮面ライダー、子供のころに刺激され現在も影響を受けているもの全て」に関して話し合っているとコメント。「パワーレンジャーズ」だけが『Chroma Squad』の題材ではないことを暗に示唆しながらも、ゲームの発売へ向け友好的に問題を解決していく意向を明らかにしています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  9. 『ボーダーランズ3』主人公4人や舞台、凶悪なカリプソ・ツインズなどの詳細が公開―予約受付も間もなく開始

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』全世界で実売200万本突破!発売から10日足らずで達成

アクセスランキングをもっと見る

1
page top