戦場の闇を追ったTPS『Spec Ops: The Line』の続編は予定なし「知性的なゲームの市場はニッチ」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦場の闇を追ったTPS『Spec Ops: The Line』の続編は予定なし「知性的なゲームの市場はニッチ」

ニュース ゲーム業界

特殊部隊所属の典型的アメリカンヒーローに飽き飽きしていたプレイヤーたちから、一部で好評価を獲得していた2012年のミリタリーTPS『Spec Ops: The Line』。パブリッシャーのTake-Two Interactiveより目標以下のセールスにとどまったことが伝えられていた中、今後続編も登場しない見通しであることが開発元より明らかにされました。

開発Yager DevelopmentのマネージングディレクターTimo Ullman氏は、ドイツのメディアGamestarに対し「もしミリタリーシューターフランチャイズの強敵に勝てないようなら、発売するのはあまりにもリスキーすぎる」とコメント。「知性がある理知的なゲームの市場はニッチすぎるんだよ。ほとんどエリート主義みたいなもんだ」と、現在の市場では『Spec Ops: The Line』のようなタイトルは受け入れられないとの認識を示しています。

一方でアートディレクターのMathias Wiese氏は、『Spec Ops』の続編が予定されていないことに関してはかまわないとの認識を示しており、「どんな種類の参考資料を再調査しなければならないのか想像できるだろう。楽しくはない」と伝え、再び同様のテーマをあつかわずに済んで幸せであることを伝えています。『Sepc Ops: The Line』では白燐弾の攻撃に巻き込まれた焼けただれた民間人、見せしめに首を吊るされた兵士など、凄惨なシーンが多数収録されていました。

なお現在Yager DevelopmentはDeep SilverのもとPC/PS4/Xbox One向けゾンビアクション『Dead Island 2』を開発中。Grey Boxパブリッシングのドッグファイトゲーム『Dreadnought』と共に2015年リリースを目指しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

    噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

  2. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

    噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  3. 元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

    元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

  4. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  5. PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

  6. 「A 5th of BitSummit」ゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアル

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  9. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  10. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top