【海外ゲーマーの声】体験版が配信された『P.T』、海外でも恐怖におののくユーザー続出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【海外ゲーマーの声】体験版が配信された『P.T』、海外でも恐怖におののくユーザー続出

ニュース ゲーム業界



gamescom 2014で発表が行われ、全世界で体験版が配信された『P.T』。名称は『Playable Teaser』の略称であり、その実は『サイレントヒルズ』であるということが判明した同作ですが、海外ゲーマーでも当然ながら話題となっています。

本作は小島秀夫監督率いる小島プロダクションやギレルモ・デル・トロ監督により製作されながらも、当初は全く無名のスタジオ「7780s」が製作したインディータイトルとしての見せ方も狙っていた作品。小島監督自身も予想しなかった早さでクリアが報告され、人気ホラータイトルの最新作であることが判明しました。

海外フォーラムNeoGAFでの同作に対する反応は、
 「怖過ぎて途中でやめた」
といったコメントが大多数。実際には全世界共通でこの反応を示したユーザーが多かったのではないでしょうか。

また、シェア機能を用いて配信を行うプレイヤーもいましたが、視聴していたユーザーも、ネタバレなどではなく、単純にゲームへの恐ろしさにおののいて途中で視聴をやめた、といったユーザーが続出していました。

もちろんその難解な攻略に挑む猛者もいましたが、やはりどのゲーマーも四苦八苦。
 「どうやったらループから抜け出せるの?」
 「(クリアするには)ラジオが関係しているのか?」
 「バスルームのドアが開かない!」
といった、攻略の進捗と攻略方法を質問するコメントが多数。ヒントもほぼ皆無に等しいなか、様々な方法を試し、攻略を目指すゲーマーも多数います。

ゲーム自体への評価はグラフィック面について及んでおり、多くのユーザーが満足している様子。実際にはかなり手を抜いて製作を進められたことが明言されていましたが、それでも作品の質感が伝わる完成度となっており、満足度は高いようです。

プレイアブルな予告、というゲーム業界ならではとも言える新しい形で発表された『P.T』。映画に造詣が深い小島監督と、ホラー要素を持つ作品でもメガホンをとってきたギレルモ・デル・トロ監督のタッグがどのような『サイレントヒル』シリーズ最新作を届けるのか。怖いもの見たさも助けてか、その登場が待たれます。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

    DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

    もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

  4. Steamが「レビュー荒らし」に対策、ユーザーレビューにヒストグラム表示が追加

  5. 国内e-Sportsの統合団体が「日本オリンピック委員会」への加盟を目途に設立へ

  6. 【E3 2017】PS4『God of War』圧巻のゲームプレイ映像!―発売は2018年初頭

  7. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  8. 『地球防衛軍5』発売日決定!2017年12月7日より戦闘開始

  9. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  10. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

アクセスランキングをもっと見る

page top