自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露

ゲーム文化 インディーゲーム

自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露
  • 自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露
  • 自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露
  • 自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露
  • 自由度と物語性を兼ね備えたミステリーADV『Firewatch』トレイラー映像が初披露


インディーデベロッパーCampo Santoから今年3月にアナウンスされたFirewatch』の最新映像が公開され、正体不明となっていたゲーム内容の一部が明らかになりました。


過去にKlei Entertainmentにて『Mark of the Ninja』のプロジェクトリーダーを務めていたNels Anderson氏や、Telltale Gamesの『The Walking Dead』を手掛けた敏腕クリエイターが関わっていることもあり、海外インディーゲームファンから注目を集めていた本作。公開されたトレイラー映像や海外メディアPC Gamerの報道では、1980年代の米国ワイオミング州を舞台にした一人称視点のミステリーアドベンチャーであることが伝えられています。



主人公はとある見張り塔で働く男性Henry。とある事件を切欠に見張り塔から離れると、自分の居住区画が何者かによって荒らされていることを発見。それを切欠に物語は進行して行き、たった一つの無線機を頼りに外界とのコンタクトを図りながらその謎を解いていくことになります。


自由度は凄まじく高く、山岳地帯を好きなだけ自由に旅することが可能。見えない壁に阻まれることなくシナリオに関係ないマップも散策出来る模様ですが、基本的にはストーリー性の高いアドベンチャーゲームとして開発されていると伝えられています。リリースは2015年を予定。対応機種はWindows/Mac/Linuxとなっています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  2. PC/PS4『レインボーシックス シージ』UBIDAY予選大会「Road to UBIDAY2017」開催決定

    PC/PS4『レインボーシックス シージ』UBIDAY予選大会「Road to UBIDAY2017」開催決定

  3. アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

    アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

  4. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  5. ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

  6. MRデバイス「HoloLens」で現実世界に飛び出した2Dマリオがすごい―これが空間把握機能か…

  7. 高クオリティ短編ホラー『Contemp』無料配信―海外学生がわずか9週間で制作

  8. 「第9地区」ニール・ブロムカンプ監督の最新短編映画はSteam、YouTubeで公開に

  9. 異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top