オーストラリアで『Left 4 Dead 2』のレーティング見直し、ノーカット版をR18+で発売予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オーストラリアで『Left 4 Dead 2』のレーティング見直し、ノーカット版をR18+で発売予定

ニュース ゲーム業界

オーストラリアで『Left 4 Dead 2』のレーティング見直し、ノーカット版をR18+で発売予定
  • オーストラリアで『Left 4 Dead 2』のレーティング見直し、ノーカット版をR18+で発売予定
2009年のリリース以来、いまだにプレイ人口の尽きないValveのCo-opサバイバルシューター『Left 4 Dead 2』ですが、オーストラリアでPC版のレーティングがR18+へ見直され、これまでカットされていたゴア表現を含めたノーカット版がリリース予定であると、複数の海外メディアが伝えています。

本作は最大4人の協力プレイで感染者の群れから生き延びるゾンビシューター。銃撃による体の部位破壊や多量の出血シーン、日本刀やチェーンソーで感染者を切り刻むことができるといった過激な暴力描写を含んでいます。発売当初、倫理審査を通過できなかったことからオーストラリアでの発売は一旦禁止とされ、後にゴアを大幅にカットした修正版が審査規定で最高のMA15+レーティングで発売されました。

GameSpotによると、オリジナル版が発売禁止となった主な理由には、「本作は現実的かつ狂気的で仮借のない暴力を描いており、その対象が狂犬病のようなウイルスに感染して凶暴化した”人間”であること」が問題視された背景があったとのこと。そのため、オーストラリアにおける本作のPC版からは頭部の破壊や四股の切断がカットされたほか、感染者の死体がフェードアウトする仕様に変更されています。

今回の審査規定見直しを受け、発売元であるValveのDoug Lombardi氏はKotaku Australiaへ次のような声明を出しています。「オーストラリアでLeft 4 Dead 2のフルバージョンが18歳以上のファンへ解禁されることをとても喜ばしく思います」「すでにゲームを購入済みのユーザーへ向けてノーカット版の配信を模索中です。詳細については近日発表いたします」

これまでオーストラリアではModの導入などを通してでしか目にできなかった本作のゴア表現。発売から5年の時を経て、ようやく作品本来の姿が公に認められるようです。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

    『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  2. 噂: PC版『ヴァンキッシュ』登場か?―PC版『ベヨネッタ』で謎のアップデート

    噂: PC版『ヴァンキッシュ』登場か?―PC版『ベヨネッタ』で謎のアップデート

  3. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

    戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  4. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  5. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  6. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  7. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  8. 戦慄ホラーパッケージ版『Outlast Trinity』グローバル販売はワーナーが担当

  9. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  10. 噂: 『Call of Duty: WWII』販促資料から発売日やβテストの存在が浮上…Co-opも搭載か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top