【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方

MMOから戦略ゲーム、Steamで人気沸騰中のインディーゲームまで、どんなPCを選べば良いのかを、ツクモのPCブランド「G-GEAR」のラインナップからおすすめをご紹介します。

連載・特集 特集
【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方
  • 【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方
  • 【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方
  • 【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方
  • 【PR】今さら聞けないゲーミングPCの選び方
「最近はスマホのゲームしかやってない」「PCでゲームをしてみたいけど、どれを買えばいいのかわからない」という方は多いと思います。本格派のMMOゲームや戦略ゲーム、Steamで人気沸騰中のインディーゲームまで、PCでは家庭用ゲームにはない様々なタイトルをプレイ出来ます。何より自分で本体をカスタマイズして、次世代機ゲーム機を凌駕するようなグラフィックで遊ぶことも出来、さらにタイトルによってはModを導入してゲームを別世界にしてしまうといったことも可能です。

そこで今回は、「ゲームPCアワード2014」デスクトップ部門で顧客満足度No.1を獲得した、ツクモのPCブランド「G-GEAR」のラインナップから、人気のゲームやジャンルに合わせた、ゲーミングPC本体の選び方をご紹介します。

■最先端のPCゲームをグラフィック最高設定で満喫したい!


ハッキングによる都市操作やオープンワールド性で世界的なヒットを収めたUbisoftの『Watch Dogs』、ダイナミックに戦況が変化するEAのミリタリーFPSシリーズ最新作『Battlefield 4』。この2タイトルは、まるで大作映画のようなリアルなグラフィックでゲームをプレイできますが、特に高いスペックが要求されます。ゲームの世界に没入して快適なプレイをしたい!という方には、ゲームに最も重要なCPUとメモリ、グラフィックボードで圧倒的な性能を備えた「G-GEAR GA7J-H61/ZE(税別174,800円)」がオススメです。しかし、「いきなりこの値段は…」と思う方には、価格も少し手頃な「G-GEAR BATTLEFIELD 4 推奨モデル(税別119,800円)」がぴったりかもしれません。もちろん動作環境は満たしているので、安心してプレイできるはずです。

BF4推奨モデル
G-GEAR GA7J-H61/ZE

■定番のMMORPGタイトルでオンラインの世界に飛び込みたい!


スクウェア・エニックス『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』や『TERA』など、定番のMMORPGでファンタジー風オンライン世界を満喫したい!という方には、「G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | ハイエンドモデル(税別112,800円)」、ノートPC派には「G-GEAR note N1561Jシリーズ N1561J-710/E(税別 109,800円)」が人気です。幻想的な空間やキラキラしたエフェクトなど、MMORPGの中でも美麗なグラフィックが特徴のタイトルなので、少し要求スペックが高めになっています。しかし、『FF14』や『TERA』がプレイ出来れば、同タイプのオンラインゲームは大半が快適に遊べるはずなので、遊びの幅も広がるでしょう。

G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | ハイエンドモデル
G-GEAR note N1561Jシリーズ N1561J-710/E


■人気のMOBA系、対戦型基本無料ゲームで腕を磨きたい!


世界的にプレイヤーが急増しているMOBA系の『League of Legends』や『Dota 2』、話題の戦車バトルゲーム『World of Tanks』をはじめ、基本プレイ無料(Free-to-Play)の対戦型ゲームで腕を磨きたい方に推奨するのは、「G-GEAR GA7J-D61/ZE(税別102,800円)」です。これらタイトルは比較的要求スペックが低くなっていますが、世界中のプレイヤー相手に戦うには画面がカクつく環境ではうまくいきませんし、画面分割で情報量を増やしたり、ストリーミングや録画を行うことも想定すると、やはりこれくらいのPCスペックがほしいところ。外出先でもノートPCで練習したいという根っからの対戦ゲーマーには、「eX.computer note N1541Jシリーズ N1541J-300/E(税別73,800円)」が最適でしょう。

G-GEAR GA7J-D61/ZE
eX.computer note N1541Jシリーズ N1541J-300/E

■とりあえずPCで『ドラクエX』や『マインクラフト』をやってみたい!


「人気のドラゴンクエストX、どうせならPCでプレイしてみたい」という方には「G-GEAR GA7J-A61/E2(税別75,800円)」がオススメです。『ドラゴンクエスト X』も今までご紹介してきたタイトルと同じように3Dゲームですが、他のタイトルと比べるとかなり要求スペックは低く、低価格のマシンでも余裕のある動作が可能です。『Minecraft』などのサンドボックスゲームも問題なく動作し、かつPC版ならマルチプレイサーバーを利用したり、Modを導入して別世界で遊ぶこともできます。また、Steamなどのダウンロードストアで配信されている膨大なインディーゲームの存在も見逃せません。それら作品の大半は比較的低スペックのマシンでもプレイできるのです。

G-GEAR GA7J-A61/E2

■まとめ

ゲームPCを購入するには、プレイしたいタイトルや自分のやりたいことに合わせてスペックやモデルを選ぶ必要があります。ツクモの「G-GEAR」ブランドでは、BTOによるPCパーツの変更も可能で、例えばグラフィックボードだけをアップグレードするなど好みにカスタマイズできるのも魅力。ゲームPCでは家庭用機にない魅力的なゲームが遊べるだけでなく、プレイ動画や実況プレイの配信といったゲームを「魅せる」活動にも欠かせません。この記事を参考にして、PCゲームの世界に一歩足を踏み入れてみてください。
《kuma》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top