新作バイオレンスシューター『Hatred』は一線を超えたのか? 開発者が意図を説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作バイオレンスシューター『Hatred』は一線を超えたのか? 開発者が意図を説明

昨夜、インディーデベロッパーDestructive Creationsより発表された、PC向け新作バイオレンスシューター『Hatred』。憎しみにとらわれた男が一般市民や警官を倒していくというショッキングな内容に賛否が巻き起こっています。

ゲーム文化 カルチャー
新作バイオレンスシューター『Hatred』は一線を超えたのか? 開発者が意図を説明
  • 新作バイオレンスシューター『Hatred』は一線を超えたのか? 開発者が意図を説明
昨夜、インディーデベロッパーDestructive Creationsより正式発表された、PC向け新作バイオレンスシューター『Hatred』。憎しみにとらわれた男が一般市民や警官を倒していくというショッキングな内容で、映像を見た海外のゲームファンやジャーナリストの間で賛否の議論が巻き起こっているタイトルです。

Destructive CreationsのCEO役Jaroslaw Zielinski氏は、一部で倫理的に一線を超えているのではないかとの指摘もある『Hatred』のネット上の反響に対し、Eurogamerのインタビューで次のように語っています。

    “私はやり過ぎだとは思っていません。ゲームではバーチャル空間のキャラクターを撃っているだけで、もしゲームと現実との区別が難しい人がいるなら、PCの電源を切って散歩にでも行くべきです。我々がやっているのは既にある多くのゲームで見られるのと同じことです。単にそれを正当化したくなかっただけです。もし本作の内容に気分を害して好きになれないなら、プレイする必要はありません。単純明快です。誰もが楽しめるゲームではないことは確かでしょう。”

別のニュースとして、今朝の海外メディア報道から、Epic Gamesが、『Hatred』のトレイラーから「Unreal Engine 4」のロゴマークを撤去するよう、デベロッパーに通達していたことが分かりました。Epicいわく、法律を守っていれば、同社は作品の内容を操作したり規制するような考えは一切ないものの、『Hatred』の映像では無許可でロゴが使用されていたということです。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

    Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  2. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  3. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

    『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  4. ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

  5. 『真・三國無双8』鈴鹿8耐コラボに女性キャラが追加参戦!レースクイーンとなった孫尚香、関銀屏、王元姫、甄姫がチームを応援

  6. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  7. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  8. 『モンスターファーム』公式Twitter、2ヶ月半ぶりに新たな動き─ホリィ「お金たまった?」

  9. 野良はつらいよ―『Apex Legends』で勝てない男を描くファンメイドアニメが公開

  10. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top